So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018年6月17日の競馬予想 [2018重賞予想]

 日曜函館 11R 函館スプリントS G3 芝1200m
      ◎ 10 ノットフォーマル
      〇 15 ライトフェアリー
      ▲  5 タマモブリリアン
      △  7 ナックビーナス
      △  9 ヒルノデイバロー
 土曜日を見る限りここ2年同様速い時計が出そうな馬場。ここ2年は父か母父がサンデー系の馬が1~3着。相方はノーザンダンサー系かミスプロ系の配合。

 予想は難しくキングマンボ系ⅹサンデー系で前走距離短縮で結果を出したノットフォーマルを本命に。以下サンデー系を持つ馬へ。
 買い目は、馬連10番流し、5、7、9、14。

 日曜東京 11R ユニコーンS G3 ダート1600m
      ◎  7 グリム
      〇 14 ルヴァンスレーヴ
      ▲  5 グレートタイム
      △  2 タイセイアベニール
      △  8 ハーベストムーン
 1~3番人気が共に複勝率70~80%と強いレース。ここは素直に上位人気から。
 買い目は、馬連7番流し、2、5、8、14。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年6月10日の競馬予想 [2018重賞予想]

 日曜阪神 11R マーメイドS G3 芝2000m
      ◎  3 アンドリエッテ
      〇 12 アルジャンテ 
      ▲  4 ミリッサ
      △  1 ワンブレスアウェイ
      △ 12 ミエノサクシード
 難解なハンデ戦。牝馬戦にしてはスローになりにくく、上がりが掛かると53kg以下の軽ハンデ馬が上位に来ている。今年は53kg以下のハンデ馬は11頭。
 血統的な傾向はサンデー系が強い。特にディープインパクト産駒が2勝2着1回と得意としている。あとは、マンハッタンカフェ産駒、母父リファール系も成績が良い。
 
 アンドリエッテ、アルジャンテは父ディープインパクト産駒で軽ハンデ。重実績があるアンドリエッテを本命に。
 あとは、サンデー系ミリッサ、ワンブレスアウェイ、ミエノサクシード。
 買い目は、馬連3流し、1、4、11、12。

 日曜東京 11R エプソムC G3 芝1800m
      ◎  3 エアアンセム
      〇  6 ハクサンルドルフ
      ▲ 10 ダイワキャグニー 
      △  1 ブラックスピネル
      △  2 ベルキャニオン
 4~5歳勢が強いレース。基本平均ペース。前走都大路S連対組は全て掲示板とメイS組より相性が良い

 本命は前走都大路S2着のエアアンセム。
 対抗は前走新潟大賞典で上がり最速のハクサンルドルフ。
 あとは、4歳馬ダイワキャグニー。内枠の先行馬ブラックスピネル、ベルキャニオン。
 買い目は、馬連3番流し、1、2、6、10。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年6月3日の競馬予想 [2018G1予想]

 日曜東京 11R 安田記念 G1 芝1600m
      ◎ 10 モズアスコット
      〇 11 リアルスティール
      ▲ 15 サングレーザー
      △  5 ペルシアンナイト
      △  8 キャンベルジュニア
      △  9 レッドファルクス
 12頭立ての一昨年以外、基本は平均ペースかハイペースの安田記念。例年ならば11秒台前半~中盤が続くラップ構成のレースで速いラップの持続力が求められる。なので、中距離からの距離短縮はスピード負けしやすい。
 前走の傾向は、京王杯SC組が出走数が多いが、安田記念では上がり2位内の馬しか馬券になっていない。マイラーズC組は京都に変更されてから3着まで。ダービー卿H組は11秒前~中盤が連続した年には馬券になっている。大阪杯組は6頭と出走数は少ないが3回馬券になっている。ヴィクトリアマイル組はウオッカが2勝しているが、ウオッカが強いので基本的にはローテーション的に余り良くない。
 血統的には非サンデー系が活躍しているレース。ロベルト系、プリンスリーギフト系の成績が良い。ディープインパクト産駒は2勝しているが7枠より外しか馬券になっていない。1分32秒前半より速くなるような高速馬場では母父ストームバード系が強い。

 モズアスコット、リアルスティールは母父ストームバード系。連闘が気になるが非サンデー系で芝1400mでも勝利していてスピード負けしないモズアスコットを本命に。
 ▲は外枠のディープインパクト産駒サングレーザー。
 あとは、高速馬場得意そうなペルシアンナイト、関東圏では堅実なキャンベルジュニア、昨年の3着馬レッドファルクス。
 買い目は、馬連10流し、5、8、9、11、15。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年6月2日の競馬予想 [2018重賞予想]

 土曜阪神 11R 鳴尾記念 G3 芝2000m
      ◎  5 トリコロールブルー
      〇  4 テイエムイナズマ
      ▲  2 トリオンフ
      △  3 モンドインテロ
      △  9 タツゴウゲキ
      △ 11 サトノノブレス
 6年前からこの時期に施行されるようになった鳴尾記念。宝塚記念のステップレース的存在だが今年も11頭と少頭数。
 まだ6回分しかデータがないが4、5歳馬の成績が良い。特に斤量57kgの馬が3頭いて3頭とも馬券になっている。血統的にはサンデー系が活躍している。特にステイゴールド、ブラックタイド、ディープインパクト産駒の成績が良い。
 
 今年のメンバーを見るとマルターズアポジーがいて平均~ハイペースが予想される。

 馬券は4歳馬のステイゴールド産駒トリコロールブルーから、ブラックタイド産駒テイエムイナズマ、重賞勝ちがある4歳馬トリオンフ、ディープ産駒2頭、休み明けだが距離実績があるタツゴウゲキ。
 買い目は、馬連5流し、2、3、4、9、11。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年5月27日の競馬予想 [2018G1予想]

 日曜東京 10R 日本ダービー G1 芝2400m
      ◎  6 ゴーフォザサミット
      〇 13 グレイル
      ▲  2 タイムフライヤー
      △  1 ダノンプレミアム
      △  4 アドマイヤアルバ
      △  5 キタノコマンドール
 ここ10年の日本ダービーは、勝ち馬は前走G1出走馬、皐月賞組は上位人気馬か1~3着馬。その他のローテは1着馬で、注意が必要なのはNHKマイル組くらいか。
 血統的にはサンデー系が中心。中でも父サンデー系x母父ダンチヒ系の組合せの血統は過去10年8頭出走して2勝2着2回。今年該当するのはグレイル1頭。グレイルはハーツクライ産駒で同産駒はこのレースでは連対率5割で好相性。

 ゴーフォザサミット、グレイル、タイムフライヤー、アドマイヤアルバはハーツクライ産駒。中盤比較的緩むダービーの流れは合いそう。一応内目の枠で前走青葉賞勝ちのゴーフォザサミットを本命に。
 あとは、内枠のディープインパクト産駒ダノンプレミアム、キタノコマンドール。
 買い目は、馬連6流し、1、2、4、5、13。とハーツクライ産駒2-4-13の馬連ボックス。

 日曜東京 12R 目黒記念 G2 芝2500m
      ◎ 15 リッジマン
      〇 11 ソールインパクト
      ▲  2 ゼーヴィント
      △  8 パフォーマプロミス
      △ 10 チェスナットコート
 8歳以上の高齢馬は基本的に不振。せっかくのハンデ戦なので軽量のリッジマンから。
 買い目は、馬連15流し、2、8、10、11。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年5月26日の競馬予想 [2018重賞予想]

 土曜京都 11R 葵S 重賞 芝1200m
      ◎ 14 トゥラヴェスーラ
      〇 13 タイセイプライド
      ▲  8 オジョーノキセキ
      △  1 ラブカンプー
      △  4 ペイシャルアス
 新設重賞の葵S。このカテゴリーの整備は歓迎。オープン時代とも微妙に開催時期がずれてデータは連動しなさそう。
 
 馬券は1200mに矛先を変えて結果を出しているトゥラヴェスーラから。
 買い目は、馬連14流し、1、4、8、13。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年5月20日の競馬予想 [2018G1予想]

 日曜東京 11R オークス G1 芝2400m
      ◎ 11 パイオニアバイオ
      〇  8 サトノワルキューレ
      ▲ 13 アーモンドアイ
      △  2 ラッキーライラック
 今年も前走桜花賞組5頭しかいないが1~3着馬が出走している。ハイペース以外の桜花賞なら結果が直結しやすく、基本的には桜花賞4着以内馬、それ以下の着順なら桜花賞4番人気以内かつ桜花賞の前走を好走していることが条件。
 血統的にはディープインパクト産駒が強いが桜花賞よりは率は落ちる。

 今年の桜花賞は平均ペースでオークスと直結するパターンだが、素直にアーモンドアイから行くと配当が安いのでフローラS組から馬券を買う。
 買い目は、馬連11流し、2、8、13。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年5月19日の競馬予想 [2018重賞予想]

 土曜京都 11R 平安S G3 ダート1900m
      ◎  6 グレイトパール
      〇  5 テイエムジンソク
      ▲  2 コスモカナディアン
      △  1 ミツバ
      △ 16 マイティティー
 ダート1900mの平安Sも今年で6回目。データは少ない。
 今年はオッズ的に2強の様相。予想も2強中心で、あとは1900m以上に良績がある2頭、穴は京都得意のマイティティー。
 買い目は、馬連6流し、1、2、5、16。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年5月13日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜東京 11R ヴィクトリアマイル G1 芝1600m
      ◎ 17 デンコウアンジュ
      〇  3 ラビットラン
      ▲ 16 リスグラシュー
      △  2 ミスパンテール
      △ 10 アエロリット
      △ 11 アドマイヤリード
 基本4歳馬が強い。リピーターレースである。血統的にはサンデー系が強い。

 本命はデンコウアンジュ。昨年の2着馬。外枠での好走率は高く、今回の枠は有利。差し届かずの可能性もあるが、人気薄で狙う価値はある。
 あとは、東京合いそうな4歳馬ラビットラン。人気の4歳勢リスグラシュー、ミスパンテール、アエロリット。昨年の勝ち馬アドマイヤリード。
 買い目は、馬連17流し、2、3、10、11、16。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2018年5月12日の競馬予想 [2018重賞予想]

 土曜東京 11R 京王杯スプリングカップ G2 芝1400m
      ◎ 12 テオドール
      〇 16 ノボバカラ
      ▲ 14 ビップライブリー
      △  1 サトノアレス
      △  9 ウインガニオン
 1400mらしくハイペースの年もあるが、基本的にははテンの3ハロン目が3コーナーにかかるので、テンがあまり速くならず大体平均ペースかスローペース。5歳馬が強い。前走逃げ馬はこのレースでは頭数が少ないが好走率は高い。5~7枠の成績が良く、中より外の枠が有利だが多頭数だと8枠は不利。
 血統的にはサンデー系xリファール系の組合せの馬が馬券になっているが、今年は参戦なし。母父デピュティミニスター系、ストームバード系といった芝ダート兼用血統を母父に持つ馬も連対率が良い。

 テオドール、ノボバカラは母父フレンチデピュティ。5歳で6枠に入ったテオドールを本命に。
 ▲は7枠のビップライブリー。
 あとは、相性の良い前走東京新聞杯組サトノアレス、前走逃げたウインガニオン。
 買い目は、馬連12流し、1、9、14、16。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | -