So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年4月30日の競馬予想 天皇賞(春) [2017G1予想]

 日曜京都 11R 天皇賞(春) G1 芝3200m
      ◎  1 シャケトラ
      〇  3 キタサンブラック
      ▲  7 アルバート
      △  6 シュバルグラン
      △ 15 サトノダイヤモンド
 今年の天皇賞(春)はフルゲート割れだが17頭と大阪杯よりは揃った。
 過去10年の天皇賞(春)を見ると、前半はあまりスローになることはない。その代わり中盤が緩くなり、ラスト5~6ハロン辺りからスパートが始まる持続力が問われるレースで、スピードのないスタミナ馬には厳しい。高齢馬の挑戦もしばしば見られるが7歳以上の高齢馬は厳しい。
 コース区分がちょくちょく変わるレースだがここ5年はCコース。Cコースではサンデー系が強い。なかでもステイゴールド産駒が3勝。ハーツクライ産駒も勝ちこそないが相性がよい。一方ロベルト系は全滅。内枠が有利でCコースでの5回は優勝馬は馬番1~7番で、なかでも1番は複勝率80%とかなり高い。3番人気以内の馬が1~7番に入ると信頼度は高い。一方、8番より外は3番人気以内か前走重賞連対した馬しかきていない。ここ10年1番人気の連対がないが、ここ10年の1番人気の馬番は8番より外で枠運が悪いともいえる。

 本命はシャケトラ。前走日経賞勝ち。その日経賞は残り8ハロンから2ハロンまで加速ラップの持続力レース。これを外枠から差し切り勝ちでレベルの高い前哨戦。現在3番人気で今回相性の良い1番枠に入ったこともあり本命に。
 対抗はキタサンブラック。前走大阪杯勝ち。昨年の勝ち馬で今年もいい枠に入った。サトノダイヤモンドと人気を争っているが1番人気になったとしてもこの枠なら減点はない。
 ▲はアルバート。前走ダイヤモンドS勝ちでこのレースも残り8ハロンから2ハロンまで加速ラップの持続力レース。この馬の上がり33秒4は異様に速い。アドマイヤドン産駒はG1実績が乏しいが展開次第では頭までありそう。
 あとは、ハーツクライ産駒シュバルグラン、馬番8番以降で条件を満たした唯一の馬サトノダイヤモンド。
 買い目は、馬連1流し、3、6、7、15。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: