So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年6月4日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜東京 11R 安田記念 G1 芝1600m
      ◎ 14 サトノアラジン
      〇  6 レッドファルクス
      ▲ 12 ビューティーオンリー
      △ 11 ブラックスピネル
      △ 15 イスラボニータ
      △ 17 ヤングマンパワー
 昨年は12頭立てとさびしい頭数だったが今年はフルゲートで混戦模様。
 昨年は少頭数のせいか前半35.0秒のスローだったが、ここ10年の基本は平均ペースかハイペース。例年ならば11秒台前半~中盤が続くラップ構成のレースで速いラップの持続力が求められる。なので、中距離からの距離短縮はスピード負けしやすい。
 前走の傾向は、京王杯SC組が出走数が多いが、安田記念では上がり2位内の馬しか馬券になっていない。マイラーズC組は京都に変更されてから3着まで。ダービー卿H組は11秒前~中盤が連続したここ2年は馬券になったが今年はそこまで速いラップのレースではなかったので厳しそう。大阪杯組は6頭と出走数は少ないが3回馬券になっている。ヴィクトリアマイル組はウオッカが2勝、ジョリーダンスが3着だがウオッカが強いのでローテーション的には余り良くない。

 本命はサトノアラジン。前走京王杯SC9着。前走重馬場で着順は悪かったが上がり2位。昨年も本命にしたが詰まりながらも4着。スムーズなら突き抜ける可能性もある。よって今回の7枠14番はプラスになりそう。ディープインパクト産駒はこのレース7枠より外しか馬券になっていない。距離延長はプラス。
 対抗はレッドファルクス。前走京王杯勝ち。血統的に不安が残るが高速決着は向きそう。
 ▲はビューティーオンリー。芝マイル1分33秒台では常にコンテントメントより先着していて、香港馬で向きそうなのはこっちの方だろう。
 あとは、このレース好走馬多いロベルト系のブラックスピネル、東京で堅実なイスラボニータ、このコースでイスラボニータに先着したことのあるヤングマンパワーも展開によっては怖い存在。
 買い目は、馬連14流し、6、11、12、14、17。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0