So-net無料ブログ作成

2016年10月30日の競馬予想 [2016G1予想]

 日曜東京 11R 天皇賞(秋) G1 芝2000m
      ◎  9 ルージュバック
      〇  3 アンビシャス
      ▲  4 サトノクラウン
      △ 14 ステファノス
      △ 15 ラブリーデイ
 個人的には世界トップレベルのレースだと思っているのだが、ここ数年はJC、有馬記念へのステップレース的な扱われ方をしているのが悲しい。今年は更に前哨戦の勝ち馬が1頭しか出走していなく微妙な感じだが、海外G1勝ち馬が3頭出走し、それ以外にも国内G1馬が2頭いてメンバー的には豪華になっている。
 過去10年の傾向としては、6歳以上は前走1着馬しか連対なしで、基本4歳馬有利。3歳馬も勝ちはないが複勝率は良い。前走6着以下の馬は東京重賞実績が必要。牝馬が良く好走する。
 今回ディープインパクト産駒は6頭参戦。昨年9頭参戦して2着。今年は毎日王冠経由で3頭出走している。毎日王冠経由の5歳以下のディープ産駒で上がり33秒台の馬はここでも成績が良い。今年の該当馬はアンビシャス。今回はこの毎日王冠と宝塚記念上位馬を中心とした予想をする。

 今回逃げそうなエイシンヒカリはここ3戦海外なのでラップはわからないが、国内ではラスト3ハロン前からスパート(最速ラップを踏む)する傾向があり、東京芝2000mのこの舞台では厳しい展開になりそう。
 
 本命はルージュバック。4歳牝馬。ここ2戦の切れっぷりは素晴らしい。G1勝ちはないがオークス2着があり、コース、距離ともに適応できる。
 対抗はアンビシャス。前走毎日王冠2着で上がり33.6秒。傾向的に好走する確率が高い。
 ▲はサトノクラウン。前走宝塚記念6着。体調万全ならば非サンデー系の血が生きる。
 あとは、宝塚記念4、5着馬で前哨戦の結果で人気を落としている感があるステファノス、ラブリーデイ。
 買い目は、馬連9流し、3、4、14、15。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月29日の競馬予想 [2016重賞予想]

 土曜京都 11R スワンS G2 芝1400m
      ◎  8 フィエロ
      〇 11 サトノアラジン
      ▲ 14 アルビアーノ
      △ 12 サンライズメジャー
 毎年、スプリンターS後の芝1200~1400mのオープンクラスのレースは非常に少ない。なのでスワンSにはスプリンターとマイラーが出走して難解なメンバー構成になりやすい。マイラー、スプリンターと両方のオープン馬が参戦するので前走条件戦からの連対は難しい。
 血統的にはダイワメジャー、ディープインパクト産駒が相性が良い。
 この3年はマイル実績のある3歳馬が連勝している。今年は3歳馬の参戦はなし。

 フィエロ、サトノアラジンはディープインパクト産駒で今年の安田記念の3、4着馬。昨年の2着馬のフィエロの方を本命に。
 この2頭に割って入りそうなのが昨年の勝ち馬アルビアーノ。
 あとは、ダイワメジャー産駒サンライズメジャー。
 買い目は、馬連8流し、11、12、14。

 土曜東京 11R アルテミスS G3 芝1600m
      ◎ 16 リスグラシュー
      〇  2 トーホウアイレス
      ▲ 15 サトノアリシア
      △  8 ウインシトリン
      △ 10 アピールバイオ
 今年で5回目の重賞。一応の傾向としては、サンデー系の成績がよい。あとは、前走4着以内。連対率5割以上の成績。前走の上がり3位以内。1番人気馬は複勝率75%と信頼性が高いが、2番人気以降はほぼ差がなくヒモ荒れしやすいレースである。

 本命はリスグラシューで現在1番人気、前走未勝利レコード勝ちで能力はありそう。
 対抗は2連勝中のトーホウアイレス。
 ▲は前走オープン勝ちのサトノアリシア。
 あとは、サンデー系からウインシトリン、アピールバイオ。
 買い目は、馬連16流し、2、8、10、12。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月23日の競馬予想 [2016G1予想]

 日曜京都 11R 菊花賞 G1 芝3000m
      ◎ 17 ジュンヴァルカン
      〇  6 ディーマジェスティ
      ▲  3 サトノダイヤモンド
 3歳牡馬クラシックのラスト菊花賞。今年は3強といわれているがそのうちの1頭マカヒキが凱旋門賞挑戦で参戦せず。皐月賞馬ディーマジェスティとダービー2着のサトノダイヤモンドが参戦している。
 トライアルレースである神戸新聞杯が芝2400mになってからの過去9回は、前走がトライアルレースの神戸新聞杯、セントライト記念の馬が馬券圏内の多数を占めている。
 血統的にはサンデー系が多いが、非サンデー系はトライアル3着内の実績が必要で、条件戦からの参戦で馬券になっている馬も2013年のマル外のバンデ、2014年のロベルト系のゴールドアクター以外はサンデー系しかいない。トライアルレースでの成績は良い事に越したことは無いが、成績が悪くてもサンデー系しか巻き返しできないことには注意したい。
 今年のトライアルはセントライト記念、神戸新聞杯ともに3強のうちの2頭が勝利したが、タイム差なしの勝利で悩ましい。

 メンバーを見るとミライヘノツバサが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はジュンヴァルカン。ネオユニヴァース産駒。本来使うはずだった神戸新聞杯を回避し、4か月ぶりの実戦となるが、前走の阪神芝2200m三田特別が破格の時計。過去10年で阪神芝2200mを2分10秒台で勝った馬は本馬と宝塚記念のアーネストリーとオルフェーヴルの3頭しかいない。ラップを見ても持続力レースに向きそう。能力は高そうなので人気の無い今のうちに狙いたい。
 あとは、春の実績馬ディーマジェスティ、サトノダイヤモンド。
 買い目は、馬連17流し、3、6。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月22日の競馬予想 [2016重賞予想]

 土曜東京 11R 富士S G3 芝1600m
      ◎  2 ダノンプラチナ
      〇  8 ガリバルディ
      ▲  3 ヤングマンパワー
      △  7 フルーキー
      △ 11 ロードクエスト
 人気薄が活躍しやすい重賞。
 過去ディープインパクト産駒は10頭出走して(3‐3‐0‐4)と4年連続連対馬を出していて見逃せない。一方、他のサンデー系は成績は良くない。3~5歳勢中心で、前走2桁着順は不振。

 ダノンプラチナ、ガリバルディはディープインパクト産駒。好走馬の条件を備えている。
 ヤングマンパワー、フルーキーは非サンデー系で前走成績もよい。
 あとは、サンデー系だが勢いがある3歳馬ロードクエスト。
 買い目は、馬連2流し、3、7、8、11。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月16日の競馬予想 [2016G1予想]

 日曜京都 11R 秋華賞 G1 芝2000m
      ◎ 11 フロンテアクイーン
      〇 10 ビッシュ
      ▲ 16 ダイワドレッサー
      △  2 ジュエラー
      △  3 パールコート
 トライアルレースのローズSが芝1800mになってからの過去9回は、本番でもこのレースをステップにして活躍している馬が多い。
 今年のローズSは重馬場ながら割と速いラップが出る馬場で中盤緩んでラスト3ハロンの上がり勝負。勝ったシンハライトは兎も角、他の馬には本番には直結しなさそう。そのシンハライトにしても故障で戦線離脱。
 もう一方のトライアルは重賞に昇格した紫苑S。ビッシュがマクって勝ったが、ラップ的には例年通りでレース的には高く評価できない。
 トライアルの成績がもし今年参考にならなければ、春の成績を参考にするしかない。
 血統的にはディープインパクト産駒がここ4年で3勝2着2回と得意としてそうな数字だが、連対馬は前走1、2番人気かつ1、2着。そして本番でも3番人気以内と、本命級の馬ばかりである。今回で該当するのはビッシュのみ。

 メンバーを見るとエンジェルフェイスが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はフロンテアクイーン。前走紫苑S3着。実は春のクイーンC2着を評価しての本命。クイーンCはメジャーエンブレムが作るスピードラップをしぶとく2着。今回1番人気のビッシュとの戦績を見てもこの人気差は美味しい。
 対抗はビッシュ。前走紫苑S1着。過去のデータから言えば堅実な軸馬となりえそうだが、木曜発表馬体重が前走と同じで輸送で馬体減りが心配。
 ▲はダイワドレッサー。前走ラジオNIKKEI賞2着。この馬はクイーンC4着だったが前走で力を示した。
 あとは、順調なら復活してもおかしくないジュエラー、フローラS2着を評価のパールコート。
 買い目は、馬連11流し、2、3、10、16。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月10日の競馬予想 [2016重賞予想]

 月曜京都 11R 京都大賞典 G2 芝2400m
      ◎  1 キタサンブラック
      〇 10 ラブリーデイ
      ▲  3 アドマイヤデウス
      △  4 ラストインパクト
 月曜開催の京都重賞。京都芝2400mは距離の割りにテンが速くなりやすく、中盤がその分緩みラスト4F辺りからの持続力勝負といった流れになりやすい。
 ここ3年のこのレースの勝ち馬が出走しているが主役はキタサンブラック。見ごたえのあるレースになりそう。

 今回のメンバーをみるとキタサンブラックが逃げ平均ペース辺りになりそう。

 本命はキタサンブラック。前年の菊花賞好走馬は似たような流れになるためかここでも好走することが多い。レースラップ傾向から言っても向きそうな一戦。
 対抗は昨年の勝ち馬ラブリーデイ。▲はG1以外は堅実なアドマイヤデウス。△は一昨年の勝ち馬ラストインパクト。
 買い目は、馬連1流し、3、4、10。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月9日の競馬予想 [2016重賞予想]

 日曜東京 11R 毎日王冠 G2 芝1800m
      ◎ 10 ルージュバック
      〇  2 ステファノス
      ▲ 11 ウインフルブルーム
      △  4 ロンギングダンサー
      △  5 ディサイファ
 秋のG1前哨戦の重賞で適度に荒れる重賞。前走安田記念組は不振。過去10年で1番人気は5連対。ただ前走勝ちの1番人気馬は連対率100%。2番人気以降はほぼ横ばいで人気で判断しない方がよさそう。年齢的には6歳以上は不振。
 過去10年でダンスインザダーク産駒が2勝3着2回。今年もクラレントが出走するがさすがに厳しいか。ハーツクライ産駒も得意そうだが今年も参戦なし。ディープインパクト産駒がいかにも得意そうな舞台ではあるが昨年10頭して初勝利。イメージほど相性は良くない。しかも馬券になった4頭は全て前走勝ちで、今年のディープインパクト産駒では該当なし。

 今回のメンバーをみると、マイネルミラノが逃げ道中はそこそこ流れそう。

 本命はルージュバック。前走勝ちの1番人気馬。同コース勝ちもあり信頼できそう。
 対抗はステファノス。ディープインパクト産駒の中ではG1連対歴があり比較的まともな1頭。この血統で前走勝ちではないのは厳しい。
 ▲はウインフルブルーム。長期休養開けを2走叩いての参戦。先行力は健在。
 あとは、7歳馬から当コースと相性の良いロンギングダンサー、ディサイファ。
 買い目は、馬連10流し、2、4、5、11。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月8日の競馬予想 [2016重賞予想]

 土曜東京 11R サウジアラビアロイヤルC 重賞 芝1600m
      ◎  3 クライムメジャー
      〇  1 ロジムーン
      ▲  6 ブレスジャーニー
      △  4 ウィンドライジズ
      △  8 セイウングロリアス
 名称変更から2年目の重賞。過去データとしては前走5着以内、前走芝1400~2000m戦の馬が好走している。

 このレースと相性の良い母父グレイソヴリン系のクライムメジャーを本命に。あとはラップ的にスローに合いそうな馬に。
 買い目は、馬連3流し、1、4、6、8。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月2日の競馬予想 海外編 [競馬その他]

 日曜シャンティイ 4R 凱旋門賞 G1 芝2400m
      ◎ 14 マカヒキ
      〇  2 ポストポンド
      △  7 シルバーウェーヴ
      △ 10 ファウンド
      △ 11 ハーザント
      △ 16 レフトハンド
 日本でも馬券が買えるようになった海外レース。ただ情報が少なすぎるので予想するにはちょっと厳しい。マカヒキが勝てるか微妙だが希望を込めて本命に。対抗は連勝中の先行馬ポストポンド。あとは、騎手でシルバーウェーヴ、ファウンド、3歳馬ハーザント、レフトハンド。
 買い目は、馬連14流し、2、7、10、11、16。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2016年10月2日の競馬予想 [2016G1予想]

 日曜中山 11R スプリンターS G1 芝1200m
      ◎ 15 ミッキーアイル
      〇  6 ベルカント
      ▲  1 ビッグアーサー
      △  2 ブランボヌール
      △  5 シュウジ
      △  7 スノードラゴン
      △ 13 レッドファルクス
 いよいよ秋のG1シーズンに突入した。サマースプリントの北海道シリーズは3歳馬が活躍。ただスプリンターズSでは3歳勢の成績はあまり良くない。
 ここ1年のスプリント戦でレベルの高そうだったのはCBC賞、高松宮記念、オーシャンS。中京の2レースは時計が出やすくなった影響があり、スピード持続力をより問われるコースになった。この3レースで馬券になって今回出走する馬はビッグアーサー、ミッキーアイル、レッドファルクス、ベルカント、スノードラゴンの5頭。
 スプリンターSの傾向としては、差し馬は不振。6歳以上は外国馬以外不振。休み明けの馬も不振。重賞実績が必要。前走セントウルS組の先行しての好走馬はここでも好走する可能性が高い。
 今回人気のビッグアーサーはサクラバクシンオー産駒。サクラバクシンオー自身はこのレース2勝の名スプリンターだが、産駒はこのレースを苦手としていて過去10年で3着1回のみ。過去20年でも3着2回と連対はなく軸としての不安が残る。

 今回のメンバーを見るとベルカント辺りが逃げハイペースが予想される。

 本命はミッキーアイル。休み明けだがビッグアーサーに血統的な不安があるのでこの馬を本命に。ディープインパクト産駒だがハイペースに適応できる。今回ハイペースで外枠は向きそう。
 〇ベルカント、▲ビッグアーサーはクラバクシンオー産駒。血統的にはこのレースと相性が悪いのが気掛かりだが、スプリント能力は高い。人気急落のベルカントの方を対抗に。
 あとは、3歳馬からブランボヌール、シュウジ。差し馬からスノードラゴン、レッドファルクス。
 買い目は、馬連15流し、1、2、5、6、7、13。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬