So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

2017年6月25日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜阪神 11R 宝塚記念 G1 芝2200m
      ◎  6 シャケトラ
      〇 10 キタサンブラック
      ▲  8 ミッキークイーン
      △  5 シュヴァルグラン
      △ 11 サトノクラウン
 土曜の阪神は時計は速かった。日曜の天気は微妙だがさほど悪くならないという前提で予想する。
 このレースの傾向としては、重賞2勝以上かダービー2着の実績が必要。前走天皇賞(春)組は6歳以上馬はダメージが残ってしまうのか、ここでは厳しい結果になっている。なので、4、5歳馬が良く活躍する。あとは、阪神巧者の巻き返しに注意。
 血統的には過去10年でステイゴールド産駒が5勝と驚異的な数字。複勝率ではディープインパクト産駒がいいが、馬券になった6頭中5頭が牝馬で牝馬の複勝率は5割を超える。

 今回のメンバーを見ると、キタサンブラックが逃げ平均ペースが予想される。

 本命はシャケトラ。前走天皇賞(春)9着。重賞1勝しかしていないがキャリア7戦なのでそこは目をつぶって、適距離に戻っての巻き返しはあるはず。キタサンブラックが一本被りの人気なので、若い本馬に期待する。
 対抗はキタサンブラック。前走天皇賞(春)1着。本来ならこの馬を本命にするべきなのだろうが、配当的妙味がないのと、前走レコードの反動もありそうで対抗。
 ▲はミッキークイーン。前走ヴィクトリアマイル7着。ディープインパクト産駒で相性の良い牝馬。マイルよりはレースがしやすそう。
 △は馬場が渋れば浮上しそうなシュヴァルグラン、サトノクラウン。
 買い目は、馬連6番流し、5、8、10、11。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年6月18日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜函館 11R 函館スプリントS G3 芝1200m
      ◎ 12 セイウンコウセイ
      〇  3 キングハート
      ▲  8 ジューヌエコール
      △  2 ノボバカラ
      △ 11 ホッコーサラスター
      △ 13 ブランボヌール
 土曜、日曜平場の函館芝1200mでレコードが出ていて、昨年同様速い馬場。ここは京都のようなテン、上がりとも平均に速いレースで好走しているような馬を狙いたい。

 今回のメンバーを見るとノボバカラが逃げ平均ペースが予想される。

 セイウンコウセイ、キングハートは近走京都で好走歴があり、その点では信頼できそう。実績上位のセイウンコウセイを本命に。
 ▲はジューヌエコール。斤量50kgは魅力。ただ3歳馬はイメージほど走らない。
 あとは、初芝が不気味なノボバカラ、函館得意の牝馬ホッコーサラスター、ブランボヌール。
 買い目は、馬連12番流し、2、3、8、11、13。

 日曜東京 11R ユニコーンS G3 ダート1600m
      ◎  8 サンライズノヴァ
      〇  4 リエノテソーロ
      ▲ 15 サンライズソア
      △  7 アンティノウス
 1~3番人気が共に複勝率70~80%と強いレース。ここは素直に上位人気から。
 買い目は、馬連8番流し、4、7、15。

2017年6月11日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜阪神 11R マーメイドS G3 芝2000m
      ◎  7 リーサルウェポン
      〇  6 キンショーユキヒメ
      ▲  3 プリメラアスール
      △  8 ローズウィスパー
      △  4 クインズミラーグロ
      △ 11 ビッシュ
 難解なハンデ戦。牝馬戦にしてはスローになりにくく、上がりが掛かると53kg以下の軽ハンデ馬が上位に来ている。今年は53kg以下のハンデ馬は7頭。
 血統的な傾向はサンデー系が強い。特にディープインパクト産駒が2勝2着1回と得意としている。あとは、マンハッタンカフェ産駒、グレイソヴリン系、母父リファール系も成績が良い。
 
 今年のメンバーを見ると、プリメラアスールがいて平均ペースが予想される。

 本命はリーサルウェポン。父ディープインパクト産駒でハンデ49kg。ハンデが軽すぎるが条件的にはピッタリ。あとは前目で競馬できれば。
 あとは、軽ハンデ馬からキンショーユキヒメ、プリメラアスール、ローズウィスパー。マンハッタンカフェ産駒クインズミラーグロ、ディープインパクト産駒ビッシュ。
 買い目は、馬連7流し、3、4、6、8、11。

 日曜東京 11R エプソムC G3 芝1800m
      ◎ 13 クラリティシチー
      〇  2 フルーキー
      ▲  1 マイネルミラノ
      △  7 マイネルハニー
      △ 10 アストラエンブレム
      △ 14 タイセイサミット
 4~5歳勢が強いレース。基本平均ペースで、昨年は中盤緩んでスローペース。

 今回のメンバーを見ると、マイネルミラノがいて平均ペースが予想される。

 本命はクラリティシチー。前走都大路S2着。前走都大路S連対組は全て掲示板とメイS組より相性が良い。人気がないので面白い。
 フルーキー、マイネルミラノは昨年の2、3着馬。前走成績も悪くなく好走期待。
 あとは、前走よりは展開が楽になるマイネルハニー、メイS連対組アストラエンブレム、タイセイサミット。
 買い目は、馬連13番流し、1、2、7、10、14。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年6月4日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜東京 11R 安田記念 G1 芝1600m
      ◎ 14 サトノアラジン
      〇  6 レッドファルクス
      ▲ 12 ビューティーオンリー
      △ 11 ブラックスピネル
      △ 15 イスラボニータ
      △ 17 ヤングマンパワー
 昨年は12頭立てとさびしい頭数だったが今年はフルゲートで混戦模様。
 昨年は少頭数のせいか前半35.0秒のスローだったが、ここ10年の基本は平均ペースかハイペース。例年ならば11秒台前半~中盤が続くラップ構成のレースで速いラップの持続力が求められる。なので、中距離からの距離短縮はスピード負けしやすい。
 前走の傾向は、京王杯SC組が出走数が多いが、安田記念では上がり2位内の馬しか馬券になっていない。マイラーズC組は京都に変更されてから3着まで。ダービー卿H組は11秒前~中盤が連続したここ2年は馬券になったが今年はそこまで速いラップのレースではなかったので厳しそう。大阪杯組は6頭と出走数は少ないが3回馬券になっている。ヴィクトリアマイル組はウオッカが2勝、ジョリーダンスが3着だがウオッカが強いのでローテーション的には余り良くない。

 本命はサトノアラジン。前走京王杯SC9着。前走重馬場で着順は悪かったが上がり2位。昨年も本命にしたが詰まりながらも4着。スムーズなら突き抜ける可能性もある。よって今回の7枠14番はプラスになりそう。ディープインパクト産駒はこのレース7枠より外しか馬券になっていない。距離延長はプラス。
 対抗はレッドファルクス。前走京王杯勝ち。血統的に不安が残るが高速決着は向きそう。
 ▲はビューティーオンリー。芝マイル1分33秒台では常にコンテントメントより先着していて、香港馬で向きそうなのはこっちの方だろう。
 あとは、このレース好走馬多いロベルト系のブラックスピネル、東京で堅実なイスラボニータ、このコースでイスラボニータに先着したことのあるヤングマンパワーも展開によっては怖い存在。
 買い目は、馬連14流し、6、11、12、14、17。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年6月3日の競馬予想 [2017重賞予想]

 土曜阪神 11R 鳴尾記念 G3 芝2000m
      ◎  7 レッドソロモン
      〇  4 スズカデヴィアス
      ▲  6 デニムアンドルビー
      △  1 ラストインパクト
      △  8 スマートレイアー
 5年前からこの時期に施行されるようになった鳴尾記念。宝塚記念のステップレース的存在だが今年は10頭と少頭数。
 まだ5回分しかデータがないが4、5歳馬の成績が良い。特に斤量57kgの馬が3頭いて3頭とも馬券になっている。今年は5歳馬が3頭のみ出走。5歳馬は人気馬も多いのも確かだが連対率45.5%、複勝率54.5%と驚異的な数字。今年も5歳馬から入ってみる。
 
 今年のメンバーを見るとステイインシアトルがいて平均ペースが予想される。

 本命はレッドソロモン。今年の5歳馬は3頭とも人気がないがその中では人気のある本馬。持久力レースになりやすいこのレースにも合いそうで、前走から鞍上強化されているのも魅力。
 対抗はスズカデヴィアス。前走G1組は好走率が高い。血統的にも父キングカメハメハ産駒はこのレース2勝と相性が良い。
 あとは、昨年1,2着して産駒成績が向上したディープインパクト産駒のラストインパクト、デニムアンドルビー、スマートレイアー。
 買い目は、馬連7流し、1、4、6、8。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ