So-net無料ブログ作成
2014G1予想 ブログトップ
前の10件 | -

2014年12月28日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜中山 10R  有馬記念 G1 芝2500m
      ◎  4 ジェンティルドンナ 
      〇  1 トーセンラー
      ▲ 14 ゴールドシップ
      △  7 ラストインパクト
      △ 10 フェノーメノ
      △ 11 サトノノブレス
 今年最後のG1。このレースは3~4歳馬が強いレースだが、今年の3歳馬は春の実績馬が秋に不調で、ここでは来ないパターン。4歳馬以上の馬から買っていくのが面白そう。
 今年は枠順公開抽選で内枠から枠が埋まって、人気馬が外枠に固まってしまった。予想的には面白いがどういった結果になるか。

 本命はジェンティルドンナ。中山は微妙だが実績は言うまでもない。ラストランを勝利で飾れるか。
 対抗はトーセンラー。6歳馬でも衰えはない。距離的には忙しい前回より今回の方がチャンスがある。
 ▲はゴールドシップ。3歳時にこのレースを勝利。得意の舞台だが、このメンバーで外枠は微妙。
 あとは、金鯱賞組からラストインパクト、サトノノブレス。有馬記念初参戦のフェノーメノ。
 買い目は、馬連4流し、1、7、10、11、14。

 日曜中山 9R  ホープフルS G2 芝2000m
      ◎  5 マイネルシュバリエ 
      〇  4 フォワードカフェ
      ▲  6 コメート
      △  9 ダノンメジャー
      △ 14 タイセイアプローズ
 オープンから重賞に格上げになったホープフルS。位置付け的には昨年のラジオNIKKEI杯2歳Sを継承した感じだが、今回のメンバーを見ると素質馬がここを狙ったという感じがなく、クラシックに影響する重賞にならなさそうで、例年通りのホープフルSの感じ。

 本命はマイネルシュバリエ。東京ではキレ負けしたが、小回りは向きそう。
 対抗はフォワードカフェ。この馬も東京からのコース変わりは向きそう。
 ▲はコメート。この馬も福島2勝と小回り向き。
 あとは末脚安定のダノンメジャー。マクリがはまればタイセイアプローズ。
 買い目は、馬連5流し、4、6、9、14。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年12月21日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜阪神 11R  朝日杯フューチュリティーS G1 芝1600m
      ◎ 16 ブライトエンブレム
      〇  7 セカンドテーブル
      ▲  1 ネオルミエール
      △  2 ダノンプラチナ
      △ 14 クラリティスカイ
 今年から阪神で行われる朝日杯FS。レース傾向は変わりそう。
 本命はブライトエンブレム。2戦共上がり最速で勝利。このコースは合いそう。
 対抗は京王杯2歳S勝ちのセカンドテーブル。前走ラップから距離に対応できるなら面白い。
 ▲は前走重賞2着でさらに上積みがありそうなネオルミエール。
 あとはディープインパクト産駒のダノンプラチナ、重賞勝ちのクラリティスカイ。
 買い目は、馬連16流し、1、2、7、14。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年12月14日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜阪神 11R  阪神ジュベナイルフィリーズ G1 芝1600m
      ◎ 11 レッツゴードンキ
      〇  4 ココロノアイ
      ▲ 16 ショウナンアデラ
      △  1 ロカ
      △ 13 コートシャルマン
      △ 17 ダノングラシアス
 2歳牝馬のG1。重賞馬や1勝馬が入り混じっている。脚質も定まっていないこの時期、荒れる要素は大いにある。
 今年は前哨戦のファンタジーS、アルテミスS共に伏兵馬が勝利。いずれも1番人気馬の差し損ね。今回G1ということで流れが厳しくなると逆転しそう。
 
 本命はレッツゴードンキ。前走アルテミスS2着。上がりが掛かったほうが良いタイプだが、重賞でも大崩れがない。
 対抗はココロノアイ。前走アルテミスS勝ち。前走は道中前目の競馬だったが、後ろからでも問題ない。自在な脚質が魅力。
 ▲はショウナンアデラ。このコースが得意のディープインパクト産駒。外枠は微妙。
 あとは、新馬戦が評価され人気だが最内枠がマイナスのロカ。芝1400mのみの経験しかないのがマイナスのコートシャルマン、ダノングラシアス。
 買い目は、馬連11流し、1、4、13、16、17。

 日曜中山 11R カペラS G3 ダート1200m
      ◎ 15 サウンドガガ
      〇  9 サトノプリンシパル
      ▲  7 ダッシャーワン
      △  2 タールタン
      △ 10 タイセイファントム
      △ 16 メイショウノーベル
 7歳以上の高齢馬は不振。4~6歳馬中心の予想。
 買い目は、馬連15流し、2、7、9、10、16。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年12月7日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜中京 11R チャンピオンズC G1 ダート1800m
      ◎ 11 ワンダーアキュート
      〇  8 ホッコータルマエ
      ▲ 10 ニホンピロアワーズ
      △  3 クリソライト
      △  4 ナムラビクター
      △ 15 インカンテーション
 JCDがチャンピオンズCと名称変更し、場所も阪神から中京に変更になった。なので、過去データ的には無いも同然になったが、準オープン以上の中京ダート1800mのラップを見ると、阪神ダート1800mのJCDと似たような感じで、コース形態が違っていても参考にはなりそう。ということは、中盤あまり緩まない流れ。
 今回人気のコパノリッキー、ローマンレジェンドは中盤緩むレースで活躍している傾向でここでは軽視。

 今年はコパノリッキー辺りが逃げそうで平均ペースになりそう。

 本命はワンダーアキュート。JCDは3年連続2着と相性は良い。8歳になっても帝王賞勝ちなど衰えがなく、叩き2戦目で上昇が望める。初中京となるが自在な脚質なので問題ないだろう。
 対抗はホッコータルマエ。こちらは2年連続JCD3着。この馬も叩き2戦目で上昇が望める。
 ▲はニホンピロアワーズ。こちらは2012年のJCD勝ち馬。最近衰えたかのような戦績だが、中距離で割と前も速くなりそうで、このコースの重賞勝ちもあり侮れない1頭。
 あとは、最近成績安定していて展開的にも合いそうなクリソライト、ナムラビクター、インカンテーション。
 買い目は、馬連11流し、3、4、8、10、15。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年11月30日の競馬予想 [2014G1予想]

 京阪杯は京都12Rでした。訂正します。

 日曜東京 11R ジャパンC G1 芝2400m
      ◎  3 ジェンティルドンナ
      〇  6 ハープスター
      ▲  7 アップウィズザバーズ
      △  4 エピファネイア
      △  8 デニムアンドルビー
 今年の天皇賞(秋)は勝ち時計が1分59秒7と過去10年で2番目に遅いタイム。ヘヴンリーロマンスが勝った2005年の天皇賞(秋)は勝ち時計が2分00秒1と1番遅いタイムだったが、その年のJCは勝ったのは外国馬で、天皇賞(秋)が休み明け緒戦で天皇賞(秋)・JCとも人気になったハーツクライ、ゼンノロブロイが2、3着。今年で言えばジェンティルドンナ、エピファネイア辺り。近年のJCといえば速くなりそうもないメンバーでも、残り5~6ハロンから速くなる持続力レースとなりやすい。

 天皇賞(秋)以外のローテーションは基本的に1着馬しか来ていないが、去年はエリザベス女王杯5着の3歳馬デニムアンドルビーが2着にきてしまった。斤量、血統と好条件が揃うと好走する可能性がある。

 本命はジェンティルドンナ。JC2連覇中で天皇賞(秋)も2着とまだまだ元気。さすがに3連覇は厳しそうだが、連軸には適している。
 対抗はハープスター。凱旋門賞6着は残念だったが能力は相当なものだった。海外遠征のダメージがなければ勝つ可能性が高い。
 ▲はアップウィズザバーズ。外国馬だが父ストームバード系x母父ミスプロ系と日本の馬場に適応する可能性は高い。芝1800mながら1分45秒7と速い時計にも対応できそう。
 あとは、天皇賞(秋)が休み明け緒戦のエピファネイア、デニムアンドルビー。
 買い目は、馬連3流し、4、6、7、8。

 日曜京都 11R12R 京阪杯 G3 芝1200m
      ◎  5 ワキノブレイブ
      〇  4 レッドオーヴァル
      ▲  7 アンバルブライベン
      △  8 アフォード
      △ 16 サドンストーム
      △ 17 サクラアドニス
 芝1200mに距離変更になってから1番人気は過去8年で2勝、2着1回。適度に荒れる。前走京都出走組が活躍していて、京洛Sがオープンになってからは去年以外連対馬を出している。血統的にはディピュティミニスター系、キングマンボ系が好走している。

 今回のメンバーを見るとアンバルブライベン、ニザエモン、サカジロロイヤルと3頭逃げそうな馬がいてハイペースになりそう。

 本命はワキノブレイブ。前走京洛S勝ち。相性の良い前走でペースも合いそう。
 対抗はレッドオーヴァル。前走スプリンターズS3着。スプリント戦の成績は安定していて、ここも上位争い。
 ▲はアンバルブライベン。前走福島民友カップ1着。今回逃げ馬が多いが行き切れば面白い。
 あとは、前走スワンS組のアフォード、サドンストーム、サクラアドニス。
 買い目は、馬連5流し、4、7、8、16、17。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年11月23日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜京都 11R マイルチャンピオンシップ G1 芝1600m
      ◎ 11 クラレント
      〇  7 エキストラエンド
      ▲  5 レッドアリオン
      △  1 ホウライアキコ
      △ 12 ダノンシャーク
      △ 15 ミッキーアイル
 ここ数年のマイル路線は混戦模様。
 B→Cコースに変更されて今年で8年目。過去7回のCコースでのレースでは1~4枠が有利。スタートして3~4ハロン辺りに上り坂が有るが、ここのラップが12秒を切るとサンデー系が連対する傾向がある。
 過去7回、前走10着以下の馬は馬券に絡んでいなく、年齢を見ると6歳以上は苦戦。同年未勝利の馬は3着が1頭のみで不振。前走マイル以外組はG1好走歴が有るのが望ましい。
 
 今年のメンバーを見るとミッキーアイルがいるので平均ペースにはなりそう。今年も上り坂が11秒台になりそうだ。

 本命はクラレント。マイル重賞2連勝。消去法で残った馬。サンデー系有利な展開になりそうで面白い。
 対抗はエキストラエンド。前走富士S5着。今年の京都金杯勝ち馬で似たような展開になりそう。
 ▲はレッドアリオン。前走富士S3着。京都はあまり成績が良くないが、休み明け後の2戦は良く内枠で面白そう。
 あとは、ここ数年勝ち馬を出しているストームバード系のホウライアキコ、富士Sの先行馬ダノンシャーク、逃げ馬ミッキーアイル。
 買い目は、馬連11流し、1、5、7、12、15。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年11月16日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜京都 11R エリザベス女王杯 G1 芝2200m
      ◎ 12 ショウナンパンドラ
      〇  1 ラキシス
      ▲  3 キャトルフィーユ
      △  9 ホエールキャプチャ
      △ 10 ヴィルシーナ
      △ 16 スマートレイアー
 ここ2年連続重馬場だったが、今年は馬場は良さそう。
 3歳馬有利な反面リピーターもよく来る。
 血統的にはサンデーサイレンス産駒は好走しているが、その仔のサンデー系産駒は不振で、アグネスタキオン産駒が2勝、スズカマンボ産駒が1勝、スペシャルウィーク産駒が3着1回、ディープインパクト産駒が2着2回3着1回で、ディープインパクト産駒以外はすべて3歳馬。サンデー系はディープインパクト産駒以外軽視してよさそう。あとは、ロベルト系が3勝で近年相性が良くなっている。
 
 ショウナンパンドラ、ラキシス、キャトルフィーユ、ヴィルシーナ、スマートレイアーはディープインパクト産駒。3歳馬のショウナンパンドラを本命、前走オールカマー2着のラキシスを対抗、前でしぶとそうなキャトルフィーユを▲とした。ヴィルシーナは展開的な助けが必要で、スマートレイアーは適性的にずれている感じ。
 ホエールキャプチャは2走前札幌記念3着とまだ衰えがない。
 買い目は、馬連9流し、1、3、8、13、15、16。

 日曜福島 11R 福島記念 G3 芝2000m
      ◎ 15 ウインマーレライ
      〇  4 メイショウナルト
      ▲ 10 マジェスティハーツ
      △  5 フィロパトール
      △  9 フラアンジェリコ
      △ 11 アロマカフェ
 トップハンデ、1番人気不振と荒れる重賞にありがちな傾向のあるレース。
 傾向としては、道中緩まなければサンデー系が上位に来る。

 今年はメイショウナルト辺りが逃げて道中緩まなそう。

 本命はウインマーレライ。福島は2勝と得意。サンデー系で流れも会いそう。
 対抗はメイショウナルト。今回も逃げると思うが小回りハイペースで後続に足を使わせれば面白い。
 ▲はマジェスティハーツ。近走不振だが上がりが掛かる展開は向きそう。
 あとは、軽ハンデのフィロパトール、フラアンジェリコ。7歳馬ながら成績が安定しているアロマカフェ。
 買い目は、馬連15流し、4、5、9、10、11。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年11月2日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜東京 11R 天皇賞(秋) G1 芝2000m
      ◎  3 デニムアンドルビー
      〇  1 ジェンティルドンナ
      ▲ 14 マーティンボロ
      △  7 サトノノブレス
      △ 15 イスラボニータ
 土曜日は雨模様で芝はヤヤ重、日曜日は馬場の回復が見込まれる。今年のメンバーを見ると、有力馬は休み明けで予想は難しい。

 過去10年の傾向としては、6歳以上は前走1着馬しか連対なしで、基本4歳馬有利。3歳馬も勝ちはないが複勝率は良い。前走6着以下の馬は東京重賞実績が必要。牝馬が良く好走する。
 今回ディープインパクト産駒は6頭参戦。昨年2頭参戦して2着と16着と極端な結果で東京実績がモロに出た結果。今年は毎日王冠経由で2頭出走しているが着順的に厳しく、他路線組が面白そう。

 今年は外枠にカレンブラックヒル、マイネルラクリマが入ってスローペースになりそう。
 
 本命はデニムアンドルビー。4歳牝馬。休み明けだが前走は宝塚記念5着とディープインパクト産駒としてはまずまず。スローのJC2着がありコース適正もある。
 対抗はジェンティルドンナ。実績的にはこのメンバーでは1番だろうが、前走宝塚記念9着はさすがに心配。5歳馬ということもあり取りこぼす可能性もある。
 ▲はマーティンボロー。ローカル芝2000m重賞で2勝。ディープインパクト産駒の中では遅咲きの方。G1初挑戦でどこまで通用するか。
 あとは、前走負けすぎだが4歳と血統が魅力なサトノノブレス。イスラボニータは枠と距離不安で押えまで。
 買い目は、馬連3流し、1、7、14、15。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年10月26日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜京都 11R 菊花賞 G1 芝3000m
      ◎ 12 タガノグランパ
      〇 15 ワンアンドオンリー
      ▲ 14 トゥザワールド
      △  1 マイネルフロスト
      △  2 トーホウジャッカル
 3歳牡馬クラシックのラスト菊花賞。今年は皐月賞馬イスラボニータが天皇賞(秋)へ。ダービー馬ワンアンドオンリーが菊花賞に参戦してきている。
 トライアルレースである神戸新聞杯が芝2400mになってからの過去7回は、前走がトライアルレースの神戸新聞杯、セントライト記念の馬が多数を占めている。血統的にはサンデー系が多いが、非サンデー系はトライアル3着内の実績が必要で、条件戦からの参戦で馬券になっている馬もマル外のバンデが3着以外はサンデー系しかいない。トライアルレースでの成績は良い事に越したことは無いが、成績が悪くてもサンデー系しか巻き返しできないことには注意したい。
 今年の秋の京都も馬場は良さそうで、先週の秋華賞は1分57秒0と速い時計で決着。ディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハの産駒が1~3着で血統的にはスタミナよりも速い馬場に対応できるかがポイントになりそう。

 メンバーを見るとサングラスが逃げてスローペースになりそう。

 本命はタガノグランパ。キングカメハメハ産駒。キングマンボ系はレコード決着に強い血統で、菊花賞レコードもキングマンボ系のソングオブウインド。ハーツクライが2着に負けたジャパンCもキングマンボ系のアルカセットが優勝してレコード決着。前走のセントライト記念は先行有利のコースで差して3着。コース変わりはプラスで、距離不安と見られているせいか人気がかなりないので面白い。
 対抗はワンアンドオンリー。ハーツクライ産駒。同産駒は長距離は得意。前走神戸新聞杯は厳しい流れを早めに動き後続の追撃を交わし勝利。着差よりも強い勝ち方だった。この世代ではトップクラスだが、あまり速い馬場は向かなさそう。
 ▲はトゥザワールド。キングカメハメハ産駒。前走セントライト記念は早めにスパートして2着だが、かなり後ろの馬に詰め寄られていた。今回も先行する可能性が高く、後ろの馬に交わされるかも。
 あとは、内枠のサンデー系マイネルフロスト、トーホウジャッカル。
 買い目は、馬連12流し、1、2、14、15。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2014年10月19日の競馬予想 [2014G1予想]

 日曜京都 11R 秋華賞 G1 芝2000m
      ◎  8 レッドリヴェール
      〇  4 ヌーヴォレコルト
      ▲ 13 パシフィックギャル
      △  3 バウンスシャッセ
      △ 10 マイネグレヴィル
      △  9 アドマイヤビジン
 今年の3歳牝馬クラシック戦線は、ハープスターが中心視されているが今回は出走しない。ただ、オークス馬ヌーヴォレコルト、阪神JF馬レッドリヴェールとそれぞれハープスターに勝ってきている馬が出走いてきている。
 トライアルレースのローズSが芝1800mになってからの過去7回は、本番でもこのレースをステップにして活躍している馬が多数で、基本的に前走重賞を使っている馬が好走している。例外は準オープン3着からのアロマティコ、1000万下勝ちのスマートレイアー。前走ローズSでの着順を見てみると、1~3着と好走していることが望ましい。例外は桜花賞、オークスを勝っていたアパパネ(4着)、フラワーC勝ちのブラックエンブレム(15着)、オークス勝ちのメイショウマンボ(4着)、フラワーC3着のリラコサージュ(18着)。
 今年のローズSは内有利とはいえ、2着は前走未勝利勝ち、3着は前走1000万下4着の馬。昨年に続き前走条件戦馬の連対で、1000万下の馬が3着に来ることは過去3回あったが、いずれも3着以内からの参戦で、今年は4着馬がローズS3着。この結果を受けての秋華賞は、ローズS4着でオークス馬メイショウマンボが優勝、2着は1000万下勝ちのスマートレイアー、3着にローズS18着のリラコサージュ。
 今年も、ローズSの順位入れ替えはありそう。

 メンバーを見るとマイネグレヴィルが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はレッドリヴェール。前走ローズS6着。ここは前に行く馬が多くペースの割に厳しい流れになりそう。それを考えるとレッドリヴェールに流れは向きそう。
 対抗はヌーヴォレコルト。前走ローズS勝ち。オークス馬で実績上位ではあるが、厳しい流れになるとレッドリヴェールの方が上だろう。
 ▲はパシフィックギャル。前走オークス16着。休み明けではあるがフラワーC2着があるようにしぶとい。出遅れがなければ。
 あとは、そのフラワーCからのバウンスシャッセ、マイネグレヴィル。1400m適性が高くしぶとそうなアドマイヤビジン。
 買い目は、馬連8流し、3、4、9、10、13。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | - 2014G1予想 ブログトップ