So-net無料ブログ作成
2015G1予想 ブログトップ
前の10件 | -

2015年12月27日の競馬予想 [2015G1予想]

 先ほどは間違って過去記事をあげてしまった。

 日曜中山 10R  有馬記念 G1 芝2500m
      ◎  6 アドマイヤデウス 
      〇  4 ラブリーデイ
      ▲  9 サウンズオブアース
      △  6 アルバート
      △  7 ゴールドアクター
 今年最後のG1。このレースは3~4歳馬が強いレースだが、今年の3歳馬は比較的外枠に入ってしまった。混戦状態で内枠の4歳馬以上の馬から買っていくのが面白そう。

 本命はアドマイヤデウス。秋2戦は全く冴えないが、中山は日経賞勝ちがある。アドマイヤドン産駒で着外はG1のみとちょっと産駒G1実績(底力的な面)が気になるが、人気がなく期待を込め本命に。
 対抗はラブリーデイ。ローテーションが気になるが、春も1戦多い状態で宝塚記念を勝利。中距離では現役トップだと思う。ただ距離が徐々に延びるG1連戦は気になる。
 ▲はサウンズオブアース。去年の菊花賞2着。勝ち味に遅いが、秋2戦は差のない競馬で、チャンスはありそう。
 あとは、条件戦から連勝中のアルバート、ゴールドアクターの2頭。
 買い目は、馬連6流し、4、6、7、9。

 日曜中山 9R  ホープフルS G2 芝2000m
      ◎  8 バティスティーニ 
      〇  2 プランスシャルマン
      ▲ 13 ブラックスピネル
      △  9 ロードクエスト
      △ 11 ブレイブスマッシュ
 オープンから重賞に格上げになったホープフルS。昨年はディープインパクト、ブラックタイド(サンデーxリファール系)の産駒の1、2着。今年はどうなるか。

 本命は騎手を含めバティスティーニ。
 対抗は内枠の先行馬プランスシャルマン。
 ▲は大外に入ったがうまく流れに乗れそうなブラックスピネル。
 あとは末脚安定のロードクエスト。初勝利まで4戦も掛かったがそれなりに対応できるブレイブスマッシュ。
 買い目は、馬連8流し、2、9、11、13。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年12月20日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜阪神 11R  朝日杯フューチュリティーS G1 芝1600m
      ◎ 11 エアスピネル
      〇 13 シャドウアプローチ
      ▲  7 イモータル
      △  3 アドマイヤモラール
      △  6 ユウチェンジ
 昨年から阪神で行われている朝日杯FS。過去データは少ないが、昨年は北海道デビューの中央でも勝利している馬の1、2着。

 本命はエアスピネル。現時点の完成度は上。連は外さなそう。
 対抗はシャドウアプローチ。北海道デビュー組。京王杯2歳Sでも3着とさほど負けていない。阪神でも勝っていて昨年の好走馬と似たような戦績。
 ▲は前走重賞2着でさらに上積みがありそうなイモータル。
 あとは、差し馬アドマイヤモラール、ユウチェンジ。
 買い目は、馬連11流し、3、6、7、13。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年12月13日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜阪神 11R  阪神ジュベナイルフィリーズ G1 芝1600m
      ◎  7 クロコスミア
      〇 12 ウインミレーユ
      ▲  9 アットザシーサイド
      △ 11 ブランボヌール
      △ 15 キャンディバローズ
 2歳牝馬のG1。重賞馬や1勝馬が入り混じっている。脚質も定まっていないこの時期、荒れる要素は大いにある。
 血統的には、アグネスタキオン、ステイゴールド産駒の複勝率が良い。以下キングカメハメハ、ディープインパクト産駒の順で成績が良い。逆にダイワメジャー産駒は8頭出走して5着が最高といまだ連対がない。今回、ステイゴールド産駒5頭、キングカメハメハ母父アグネスタキオン産駒1頭、ディープインパクト産駒3頭が出走している。このレースを苦手にしているダイワメジャー産駒も4頭出走していて、ここら辺の取捨がポイントになりそう。
 前走条件としては、中2週以上の間隔で芝1400m以上を4着以内。2ヶ月以上の休み明けはオープン勝ち以上の実績が必要。

 クロコスミア、ウインミレーユは前走条件をクリアしたステイゴールド産駒。距離経験が豊富なクロコスミアを本命に。
 ▲はアットザシーサイド。キングカメハメハ産駒で母父アグネスタキオン。2戦2勝でまだ底を見せていない。
 あとは、ディープインパクト産駒のブランボヌール、キャンディバローズ。
 買い目は、馬連11流し、1、4、13、16、17。

 日曜中山 11R カペラS G3 ダート1200m
      ◎  4 エイシンヴァラー
      〇 14 キクノストーム
      ▲  7 サウンドガガ
      △  3 デルマヌラリヒョン
      △  6 カーティスバローズ
 7歳以上の高齢馬は不振。4~6歳馬中心の予想。先行馬が多く差し馬が台頭しそう。
 買い目は、馬連4流し、3、6、7、14。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年12月6日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜中京 11R チャンピオンズC G1 ダート1800m
      ◎  1 ノンコノユメ
      〇  6 ナムラビクター
      ▲ 16 ロワジャルダン
      △  7 コパノリッキー
      △ 13 ホッコータルマエ
      △ 14 ガンピット
 JCDがチャンピオンズCと名称変更し、場所も阪神から中京に変更になった。第1回目の昨年はコパノリッキーの出遅れもありスローであったが、今年は先行馬が揃い緩み無い中盤のレースになりそう。

 本命はノンコノユメ。3歳馬だが末脚は驚異的。ペース的に合いそう。
 対抗はナムラビクター。昨年の2着馬。この馬もペースが合いそう。
 ▲は上がり馬ロワジャルダン。
 あとは、実績上位ホッコータルマエ、コパノリッキー。力量不明のガンピットを押さえておく。
 買い目は、馬連1流し、6、7、13、14、16。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年11月29日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜東京 11R ジャパンC G1 芝2400m
      ◎ 11 ミッキークイーン
      〇  1 ラブリーデイ
      ▲ 15 ショウナンパンドラ
      △  8 イラプト
      △ 17 アドマイヤデウス
 今年のJCは国内組のメンバーは薄いような感じがするので、海外組にもチャンスがありそうな気がするが、適性の見極めが難しい。
 天皇賞(秋)以外のローテーションは基本的に1着馬しか来ていない。

 本命はミッキークイーン。ディープ産駒の3歳牝馬。このレースとは相性がよさそうな血統。ニューヒロインの登場に期待する。
 対抗はラブリーデイ。前走天皇賞(秋)勝ちだが、JCも連勝した馬は過去10年出ていない。中距離では現状国内最強で、2着には来るだろう。
 ▲はショウナンパンドラ。前走天皇賞(秋)4着だが、前々走のオールカマーが高いパフォーマンス。嵌れば突き抜けそう。
 あとは、外国馬のイラプト、春の実績馬アドマイヤデウス。
 買い目は、馬連11流し、1、8、15、17。

 日曜京都 12R 京阪杯 G3 芝1200m
      ◎  9 アースソニック
      〇  4 ビッグアーサー
      ▲  1 ベルカント
      △  3 ワキノブレイブ
      △ 13 ベルルミエール
 芝1200mに距離変更になってから1番人気は過去9年で2勝、2着1回。適度に荒れる。前走京都出走組が活躍していて、京洛Sがオープンになってからは京洛S組は13年を除いて馬券圏内。血統的にはディピュティミニスター系、キングマンボ系が好走している。

 今回のメンバーを見るとエイシンブルズアイが逃げそうで平均ペースになりそう。

 本命はアースソニック。前走京洛S2着。クロフネ産駒で相性の良い前走。人気もそこそこ無く、荒れ気味のレースの本命としてピッタリ。
 ビッグアーサー、ベルカントはサクラバクシンオー産駒でレースの相性はイマイチだが、このメンバーでは上位に来てもおかしくない。
 あとは、平均的に脚を使えるワキノブレイブ、芝1200mで上積みが望めるベルルミエール。
 買い目は、馬連9流し、1、3、4、13。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年11月22日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜京都 11R マイルチャンピオンシップ G1 芝1600m
      ◎  7 アルビアーノ
      〇 14 トーセンスターダム
      ▲ 10 フィエロ
      △  2 ケイアイエレガント
      △  8 サトノアラジン
      △ 16 モーリス
 ここ数年のマイル路線は混戦模様。
 B→Cコースに変更されて今年で9年目。過去8回のCコースでのレースでは1~4枠が有利。スタートして3~4ハロン辺りに上り坂が有るが、ここのラップが12秒を切るとサンデー系が連対する傾向がある。
 過去8回、前走10着以下の馬は馬券に絡んでいなく、年齢を見ると6歳以上は苦戦。同年未勝利の馬は3着が1頭のみで不振。前走マイル以外組はG1好走歴が有るのが望ましい。ただ、ディープ産駒はこれらの項目に当てはまる馬が昨年1、2着。さらにディープ産駒に限っては年齢が上のほうが連対率が高いが馬券になるのは前走1、2番人気。
 
 今年のメンバーを見るとケイアイエレガント、レッツゴードンキがいるので平均ペースにはなりそう。今年も上り坂が11秒台になりそうだ。

 本命はアルビアーノ。父ストームバード系のマル外牝馬。父の系統の産駒はこのレース2勝。マイルは負けても0.2秒差と僅差で適性はある。
 トーセンスターダム、フィエロ、サトノアラジンはディープ産駒。余力のありそうなトーセンスターダムを対抗、6歳馬のフィエロを▲、惜敗続きのサトノアラジンを△とした。
 あとは、意外に減点がない内枠のケイアイエレガント、休み明けが気掛かりなモーリス。
 買い目は、馬連7流し、2、8、10、14、16。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年11月15日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜京都 11R エリザベス女王杯 G1 芝2200m
      ◎ 12 マリアライト
      〇  8 タッチングスピーチ
      ▲  7 シャトーブランシュ
      △ 10 ラキシス
      △ 16 スマートレイアー
 過去3年は重馬場2回で去年は良馬場だったが、今年はまた馬場は悪くなりそう。
 3歳馬有利な反面リピーターもよく来る。
 血統的にはサンデー系産駒は不振で、アグネスタキオン産駒が2勝、スズカマンボ産駒が1勝、スペシャルウィーク産駒が3着1回、ハーツクライ産駒が2着1回、ディープインパクト産駒が2着2回3着1回で、ディープインパクト産駒以外はすべて3歳馬で、アグネスタキオン産駒以外はオークス馬。サンデー系はディープインパクト産駒以外軽視してよさそう。年齢的にも3~4歳馬中心で5歳馬以上の複勝率を下げているのはサンデー系産駒。
 あとは、ロベルト系が3勝で近年相性が良くなっている。
 
 マリアライト、タッチングスピーチ、ラキシス、スマートレイアーはディープインパクト産駒で、本命はラップ適性を考慮してマリアライト、札幌の条件戦を経験しているタッチングスピーチを対抗、5歳馬のラキシス、スアートレイアーとした。
 ▲は、ラップ適性、馬場適性的に好走が期待できるシャトーブランシュ。
 買い目は、馬連12流し、7、8、10、16。

 日曜福島 11R 福島記念 G3 芝2000m
      ◎  7 ステラウインド
      〇 10 メイショウナルト
      ▲ 13 ファントムライト
      △  5 メイショウスザンナ
      △  6 フレイムコード
      △  9 ノットフォーマル
 トップハンデ、1番人気不振と荒れる重賞にありがちな傾向のあるレース。
 傾向としては、道中緩まなければサンデー系が上位に来る。

 今年はノットフォーマル辺りが逃げて道中緩まなそう。

 本命はステラウインド。福島は七夕賞2着がある。サンデー系で流れも合いそう。
 対抗はメイショウナルト。福島は大崩れがなく小回りハイペースで後続に足を使わせれば面白い。
 ▲はファントムライト。ここ2戦3着2回。血統的に合いそうな舞台で面白い。
 あとは、軽ハンデのメイショウスザンナ、フレイムコード、ノットフォーマル。
 買い目は、馬連7流し、5、6、9、10、13。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年11月1日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜東京 11R 天皇賞(秋) G1 芝2000m
      ◎ 15 ショウナンパンドラ
      〇  8 ラブリーデイ
      ▲ 14 ステファノス
      △  2 アンビシャス
      △  3 サトノクラウン
      △ 10 ペルーサ
      △ 12 ダービーフィズ
 個人的には世界トップレベルのレースだと思っているのだが、ここ数年はJC、有馬記念へのステップレース的な扱われ方をしているのが悲しい。今年のメンバーを見ると混戦で昨年ぐらいのレベルのレースならどの馬にもチャンスはある。
 過去10年の傾向としては、6歳以上は前走1着馬しか連対なしで、基本4歳馬有利。3歳馬も勝ちはないが複勝率は良い。前走6着以下の馬は東京重賞実績が必要。牝馬が良く好走する。
 今回ディープインパクト産駒は9頭参戦。昨年6頭参戦して1、2着。今年は毎日王冠経由で6頭出走している。その毎日王冠はエイシンヒカリの逃げ切り勝ち。もちろん天皇賞(秋)にも出走して人気になっているが、ここ数戦はラスト3ハロン前からスパート(最速ラップを踏む)する傾向があり、東京芝2000mのこの舞台では厳しい展開になりそう。

 今年はエイシンヒカリが逃げて平均ペースになりそう。
 
 本命はショウナンパンドラ。4歳牝馬。牝馬とはいえディープ産駒で斤量が軽いのはプラス。前走オールカマー勝ち。スパートのポイントが1ハロン前目になりそうな流れで距離短縮馬に向きそう。
 対抗はラブリーデイ。前走京都大賞典勝ちでこの馬も距離短縮になる。中距離重賞はG1を含め5勝。ちなみにこの馬が勝った宝塚記念はスローながらラスト3ハロン前が最速ラップを踏んでいた。
 ▲はステファノス。前走毎日王冠7着ながら上がり2位。エイシンヒカリが止まる流れなら逆転は可能。
 あとは、3歳馬アンビシャス、サトノクラウン。スタミナ豊富なペルーサ。東京巧者ダービーフィズと手広く。
 買い目は、馬連15流し、2、3、8、10、12、14。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年10月25日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜京都 11R 菊花賞 G1 芝3000m
      ◎  5 ベルーフ
      〇 17 リアファル
      ▲ 11 リアルスティール
      △  2 サトノラーゼン
      △  8 ミュゼエイリアン
      △  9 アルバートドック
 3歳牡馬クラシックのラスト菊花賞。今年は2冠馬ドゥラメンテが戦線離脱。皐月賞2着リアルスティール、ダービー2着サトノラーゼンが参戦している。
 トライアルレースである神戸新聞杯が芝2400mになってからの過去8回は、前走がトライアルレースの神戸新聞杯、セントライト記念の馬が馬券圏内の多数を占めている。
 血統的にはサンデー系が多いが、非サンデー系はトライアル3着内の実績が必要で、条件戦からの参戦で馬券になっている馬も2013年のマル外のバンデ、2014年のロベルト系のゴールドアクター以外はサンデー系しかいない。トライアルレースでの成績は良い事に越したことは無いが、成績が悪くてもサンデー系しか巻き返しできないことには注意したい。
 今年のトライアルはセントライト記念はスローの上がり勝負で前残り。神戸新聞杯はスローからの持続力レース。例年通り神戸新聞杯のほうが菊花賞に直結しそうで連対馬の信頼度は高そうだが、連対馬の父はゼンノロブロイ、ディープインパクトで、3000m以上の重賞では多少不安が残る。
 土曜の京都はハービンジャー産駒が3頭出走して3勝。今回このレースには3頭出走する。

 メンバーを見るとスピリッツミノルが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はベルーフ。ハービンジャー産駒。ハービンジャーが勝ったキングジョージ6世&クイーンエリザベスSを見る限りスタミナ豊富で持続力レースには向きそう。産駒にもその能力は伝わっているはず。血統的に神戸新聞杯上位に距離的実績がないので、この馬から狙ってみる。
 リアファル、リアルスティールは神戸新聞杯1、2着馬。本来ならこの2頭で堅そうだが、今回紛れがありそうな気がするためこの印に。
 あとは、トライアル下位組から京都新聞杯上位のサトノラーゼン、アルバートドック。ロベルト系スクリーンヒーロー産駒でセントライト記念2着のミュゼエイリアン。
 買い目は、馬連5流し、2、8、9、11、17。縦目の11-17。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2015年10月18日の競馬予想 [2015G1予想]

 日曜京都 11R 秋華賞 G1 芝2000m
      ◎  8 ホワイトエレガンス
      〇 18 ミッキークイーン
      ▲  7 トーセンビクトリー
      △ 11 タッチングスピーチ
      △ 17 アースライズ
 トライアルレースのローズSが芝1800mになってからの過去8回は、本番でもこのレースをステップにして活躍している馬が多数で、基本的に前走重賞を使っている馬が好走している。例外は準オープン3着からのアロマティコ、1000万下勝ちのスマートレイアー。昨年遂に優勝馬を出した紫苑S2着のショウナンパンドラ。
 前走ローズSでの着順を見てみると、1~3着と好走していることが望ましい。例外は桜花賞、オークスを勝っていたアパパネ(4着)、フラワーC勝ちのブラックエンブレム(15着)、オークス勝ちのメイショウマンボ(4着)、フラワーC3着のリラコサージュ(18着)。
 今年のローズSは例年と違って中盤の緩まない流れで差し馬が1~3着。例年ならスローの瞬発力勝負のトライアルで負けた馬が、本番で持続力レースになり逆転するというパターンが多い。そういった意味では、今年は本番でもこの3頭が上位に絡む可能性が高く、先行した馬の逆転はなさそう。

 メンバーを見るとレッツゴードンキ、ノットフォーマル辺りが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はホワイトエレガンス。前走紫苑S2着。前々走は札幌1000万下勝ちでラップ的にも持続力レースは向きそう。紫苑Sは直線早目に抜け出して2着に粘り、直線短いコースは向くだろう。
 ミッキークイーン、トーセンビクトリー、タッチングスピーチはローズS上位馬。ここでも上位争いする可能性は高い。
 あとは、コース変わりで面白そうなアースライズ。
 買い目は、馬連8流し、7、11、17、18。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | - 2015G1予想 ブログトップ