So-net無料ブログ作成

2017年9月9日の競馬予想 [2017重賞予想]

 土曜中山 11R 紫苑S G3 芝2000m
      ◎  9 プリンセスルーラー
      〇 11 カリビアンゴールド
      ▲ 16 ディアドラ
      △  7 ポールヴァンドル
      △ 14 ナムラムラサキ
      △ 18 サロニカ
 本番に直結しない誰得トライアルが昨年重賞に昇格。早速本番で1,2着馬を輩出。条件替わりのトライアルは本番で結果を出しやすい。今年はどうか。前走重賞組の成績が良くなく、条件戦組中心のレースとなっている。外枠は不利。血統的にはシンボリクリスエス産駒が3勝していて持続力レースのようだが、ラップ的には牝馬戦らしく中盤緩む形が多く掴みどころがない。

 本命はプリンセスルーラー。相性の良い前走新潟1000万下5着以内馬。人気がないので面白い。以下、前走1000万下組カリビアンゴールド、ディアドラ、ポールヴァンドル。前走500万下勝ちのナムラムラサキ、ディープインパクト産駒からサロニカ。
 買い目は、馬連9流し、7、11、14、16、18。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年9月3日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜小倉 11R 小倉2歳S G3 芝1200m
      ◎ 11 モズスーパーフレア
      〇  1 シトリカ
      ▲  5 オーロスターキス
      △ 10 バーニングペスカ
      △ 16 スーサンドン
 ハイペースになる小倉2歳S。2歳戦なので脚質が定まってない時期なのだが、逃げ・先行した馬が強い。傾向としては、前走4番人気以内、前走4コーナー4番手以内となっている。
 今年は未勝利戦組は戦歴的に安定していない馬が多く、新馬組を中心に扱う。

 本命は前走好時計のモズスーパーフレア。以下好走条件を満たした新馬組へ。
 買い目は、馬連11流し、1、5、10、16。

 日曜新潟 11R 新潟記念 G3 芝2000m
      ◎ 12 マイネルフロスト
      〇  1 タツゴウゲキ
      ▲  7 カフジプリンス
      △  9 スピリッツミノル
      △  2 ルミナスウォリアー
      △ 10 ソールインパクト
 荒れるハンデ重賞だが、トップハンデは全く来ない訳ではない。むしろ1、2番人気の連対率の低さの方が問題。直線が長いコースなので差し馬が人気になるが、持続力レースになりやすく基本先行有利である。
 ここ4年程はディープインパクト産駒が活躍している。
 前走傾向でいえば、小倉記念組が良く来る。以下七夕賞、函館記念組。休み明けは分が悪い。

 本命はマイネルフロスト。ブリンカー着用してから3戦重賞で②③②着。父ブラックタイドはディープインパクトの全兄で血統的にも合いそう。
 あとは、小倉記念組のタツゴウゲキ、カフジプリンス、スピリッツミノル。函館記念組ルミナスウォリアー、七夕賞組ソールインパクト。
 買い目は、馬連12流し、1、2、7、9、10。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年8月27日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜札幌 11R キーンランドC G3 芝1200m
      ◎ 13 メイソンジュニア
      〇  9 モンドキャンノ
      ▲  2 イッテツ
      △  1 ブランボヌール
      △  7 フミノムーン
 基本的に4、5歳馬が強いレースで、6歳以上は前走5着以内が望ましい。3歳馬は前走短距離重賞連対馬が馬券圏内にきている。
 血統的にはサンデーxリファール系の種牡馬の産駒、ダンチヒ系が好走している。サンデー系ではあとフジキセキ系の種牡馬の産駒以外馬券圏内にきていない。

 メイソンジュニア、イッテツはダンチヒ系産駒。3歳で軽量のメイソンジュニアを本命に。
 モンドキャンノはフジキセキの仔キンシャサノキセキ産駒。距離短縮は向きそう。
 あとは、ディープインパクト産駒ブランボヌール、前走オープン勝ちのフミノムーン。
 買い目は、馬連13流し、1、2、7、9。

 日曜新潟 11R 新潟2歳S G3 芝1600m
      ◎ 13 シンデレラメイク
      〇  5 オーデットエール
      ▲  8 フロンティア
      △  4 グランデウィーク
      △ 12 キボウノダイチ
 この時期のマイル2歳重賞ということでほぼスローペースになるレース。直線での持続力くらべとなりそう。前走後方から(4角13番手以降)の競馬をしていた馬はここでは厳しい。
 血統的にはサンデー系が良く来る。あとはダンチヒ、リファール系も得意。逆にミスプロ系全般はスローペースになると全滅でペース次第。

 相変わらずこの時期の2歳重賞の予想は難しい。一応ディープブリランテ産駒シンデレラメイク本命で。
 買い目は、馬連13流し、4、5、8、12。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年8月20日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜札幌 11R 札幌記念 G2 芝2000m
      ◎  3 ヤマカツエース
      〇  7 サウンズオブアース
      ▲  5 マウントロブソン
      △  4 ロードヴァンドール
      △ 13 エアスピネル
 夏の貴重なG2の札幌記念。有力馬が秋に向けての一戦として出走する為、2~6ヶ月の休み明け馬の好走率が高い。
 
 本命はヤマカツエース。3年連続出走で昨年の本命馬。ここ数年上がりが掛かる展開だが、今年は中盤緩みの上がりの速い流れになりそうで過去2年よりは着順を上げそう。
 対抗はサウンズオブアース。昨年の秋の成績を見ても上がり勝負には向きそう。
 ▲はマウントロブソン。前走少頭数のオープン勝ちでここが正念場の一戦となりそう。モレイラ騎手はプラス。
 あとは、先行馬ロードヴァンドール、外枠不利だが実力馬のエアスピネル。
 買い目は、馬連3流し、4、5、7、13。

 日曜小倉 11R 北九州記念 G3 芝1200m
      ◎ 13 キングハート
      〇  4 オウノミチ
      ▲ 12 ナリタスターワン
      △  3 トウカイセンス
      △  7 アルティマブラッド
      △  8 ファインニードル
 高速馬場の小倉スプリント。昨年こそテンの3ハロンが33.6秒だったが、それ以前の9年のテンの3ハロンは一番遅くても33.1秒とかなり速い。テンの3ハロンが32秒前半だと4コーナー10番手以降の差し馬、32秒後半だと4コーナー1桁台の馬が馬券になって、速いなりに馬券なる脚質が違っている。年齢的には4、5歳馬が有利で6歳以上は基本サクラバクシンオー産駒か前走勝ち馬。血統的にはサクラバクシンオー、デピュティミニスター系が強い。あと勝ち馬こそ出てないがオレハマッテルゼ産駒も好走率が高い。軽ハンデ馬が活躍している。

 今回のメンバーを見るとアクティブミノルがいて平均ペースが予想され、テンの3ハロンは33秒台になりそう。

 キングハート、オウノミチはオレハマッテルゼ産駒。前走重賞2着のキングハートを本命に。
 ▲はサクラバクシンオーの仔ショウナンカンプ産駒ナリタスターワン。 
 あとは、軽ハンデ馬トウカイセンス、アルティマブラッド、前走好時計勝ちも好走歴少ないフォーティーナイナー系ファインニードル。
 買い目は、馬連13流し、3、4、7、8、12。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年8月13日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜新潟 11R 関屋記念 G3 芝1600m
      ◎ 12 ブラックムーン
      〇 10 ダノンリバティ
      ▲ 11 ヤングマンパワー
      △  5 ロサギガンティア
      △ 13 マイネルハニー
      △ 14 ロードクエスト
 夏の貴重なマイル重賞。4歳馬の1~3番人気の複勝率が高い。高齢馬も活躍する。高齢馬が活躍するということは基本的に持続力レース。
 ラストから2ハロン目が3ハロン目や1ハロン目より速くなるようなレースで上位にくるような馬が好走する。よって、基本新潟好走馬はここでも好走しやすい(ラップは確認する必要があるが)。芝1600mになった中京記念はラスト3ハロンがこのような構成になってないので上位馬が好走していない。過去の好走ラップに注意。
 過去10年はスローか平均ペースで、コース的にスローになりやすい。中盤が緩むとロベルト系が上位にくる可能性が高い。

 今回のメンバーを見ると、マルターズアポジー、マイネルハニーがいてハイペースと予想する。

 本命はブラックムーン。持続力レースでは大崩れがない。前走より人気が落ちて狙い目。
 対抗はダノンリバティ。ラップ適性があり昨年2着。新潟巧者で今年も面白い。
 ▲はヤングマンパワー。昨年の勝ち馬でここ2年馬券になっている。ここ2年より厳しくなりそうなのがどうか。
 あとは、人気急落で買いごろのロサギガンティア、4歳馬からマイネルハニー、ロードクエスト。
 買い目は、馬連12流し、5、10、11、13、14。

 日曜札幌 11R エルムS G3 ダート1700m
      ◎  4 テイエムジンソク
      〇 10 モンドクラッセ
      ▲ 11 クリノスターオー
      △  6 リッカルド
      △  9 ピオネロ
 施工時期が良く変わる重賞。函館好時計勝ちのテイエムジンソクを本命に。以下前年1~3着馬モンドクラッセ、クリノスターオー、リッカルド、近走安定ピオネロ。
 買い目は、馬連4流し、6、9、10、11。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年8月6日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜小倉 11R 小倉記念 G3 芝2000m
      ◎  5 フェルメッツァ
      〇 12 クランモンタナ
      ▲ 11 ケイティープライド
      △  1 スピリッツミノル
      △  4 カフジプリンス
      △  7 フェイマスエンド
      △  9 シャドウパーティー
 荒れるハンデ重賞だが、高齢馬も斤量が重い馬も比較的馬券に絡んでいる。ただ、高齢馬は近走成績が良いのが条件。ローテーション的には七夕賞が優勢だが、中山開催以外はハンデ据え置きの馬が活躍している。
 血統的には過去10年でサンデー系が9勝と相性が良い。特に母父グレイソヴリン系との配合馬は3勝2着1回と成績が良い。

 フェルメッツァ、クランモンタナはディープインパクトxグレイソヴリン系という配合。前走七夕賞でハンデ据え置きのフェルメッツァを本命に。
 ▲はケイティープライド。この馬もディープインパクト産駒。軽ハンデでそろそろ馬券圏内にきそう。
 あとは、長距離からの路線変更のスピリッツミノル、カフジプリンス。前走使ってガス抜き出来てそうなフェイマスエンド、意外に馬券になっている3~6か月の休み明け馬からシャドウパーティー
 買い目は、馬連5流し、1、4、7、9、11、12。

 日曜新潟 11R レパードS G3 ダート1800m
      ◎  5 エピカリス
      〇 14 テンザワールド
      ▲ 15 タガノディグオ
      △ 13 ノーブルサターン
      △ 12 ハルクンノテソーロ
 過去8年分のデータでは、前走1000万下1~3着か、JDダービー組で決まっていて傾向がはっきりしていたが、ここ3年はメンバーが多様化しているせいか、他ローテーション馬も台頭している。
 人気馬が強いレースだが1、2番人気で決まったのは2回だけ。内枠は不利で1、2枠は3着まで。

 ここは実績上位で1番人気のエピカリスで良さそう。
 あとは、外枠の馬を。
 買い目は、馬連5流し、12、13、14、15。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年7月30日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜札幌 11R クイーンS G3 芝1800m
      ◎ 12 アドマイヤリード
      〇  7 ヤマカツグレース
      ▲  2 アエロリット
      △  3 シャルール
      △  4 クインズミラーグロ
      △ 10 パールコード
 牝馬限定戦ながらスローにはなりにくい。過去の傾向では2桁人気の馬が絡んでいて一筋縄ではいかない感じ。血統的にはジャングルポケット産駒が強いが今年は参戦なし。あとは勝ち馬は出ていないがゼンノロブロイ産駒が馬券圏内率が高い。前走ローテーションではヴィクトリアマイル、マーメイドS、オークス組が強い。
 アドマイヤリードは前走ヴィクトリアマイル勝ち、ここは素直に本命に。続いてこのレースと相性が良い3歳馬ヤマカツグレース、アエロリット。あとは札幌得意のシャルール、牝馬重賞で安定しているクインズミラーグロ、G1で2着があるパールコード。
 買い目は、馬連12流し、2、3、4、7、12。

 日曜新潟 11R アイビスサマーダッシュ G3 芝1000m
      ◎ 16 アクティブミノル
      〇 11 レヴァンテライオン
      ▲ 14 レジーナフォルテ
      △  1 ナリタスターワン
      △ 13 キープレイヤー
 過去10年、7歳以上の高齢馬は不振。前走逃げて3着以内に粘った馬はここでも好走している。休み明け馬は不振で中6週以内のローテーションが望ましい。
 ここ4年は7月最終週か8月1週で行われていて、1番人気が勝利している。
 血統的には、よく出走するフォーティーナイナー系はあまり得意ではなく、外枠以外では好走していない。。サンデー系も不振。得意な血統はサクラバクシンオー、外枠のミスプロ系。サドラーズウェルズ系。ノーザンxミスプロ系の配合馬。ここ数年台頭してきたクロフネ産駒も注意が必要。

 今年は前走韋駄天S組が多く、ネロを含めローテーション的に間隔が開いている馬が多い。高配当を狙うならこのデータに引っかかっている馬をバッサリ切った方が面白い。本命は前走逃げて3着のアクティブミノル。対抗は唯一のミスプロxノーザン系配合馬レヴァンテライオン。▲は51kgの軽斤量が魅力のレジーナフォルテ。あとは、前走アクティブミノルと差がなかったナリタスターワン、取り敢えずデータ的には減点がなかったキープレイヤー。
 買い目は、馬連16流し、1、11、13、14。と高配当狙いで馬連11流し、1、13、14。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年7月23日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜函館 11R 函館2歳S 芝1200m
      ◎  2 ナンヨープランタン
      〇  4 アリア
      ▲  5 ベイビーキャズ
      △ 10 ダンツクレイオー
      △ 11 カシアス
 5年前からラベンダー賞の時期に開催。過去5回の傾向は新馬戦勝ち優勢。上がり最速馬が強い。サンデー系は苦戦。穴なら牝馬。前走新馬戦勝ち時計1分10秒を切り、かつ上がり最速だった馬は3戦2勝2着1回。今年はナンヨープランタンが該当。

 本命はナンヨープランタン。前走勝ち時計1分9秒8で上がり最速をマーク。勝ち馬のパターンに該当。人気でも本命に。
 対抗はアリア。この馬も前走新馬戦で1分10秒切り。前走見るかぎり勝負根性ありそう。
 ▲はベイビーキャズ。ここ数年相性が良くない前走芝1000m組。上がりが速いのが魅力。
 あとは、前走未勝利組からダンツクレイオー、カシアス。
 買い目は、馬連2流し、5、7、10、11。

 日曜中京 11R 中京記念 G3 芝1600m
      ◎  5 ピークトラム
      〇  2 ケントオー
      ▲  8 アスカビレン
      △  7 ワンアンドオンリー
      △  9 スーサンジョイ
      △ 15 ブラックムーン
 芝1600mになって6回目。荒れるハンデ重賞。ハンデ戦だが基本斤量が重い馬が活躍している。フラガラッハが2連覇している様にリピーターレースである。
 過去5回の傾向は前走1着馬の比較的成績が良い。前走重賞組が良くなくオープン組で芝1400~1600mを使った馬中心。前走東京組有利。前走同じレースを使った馬が5頭以上出走するとそのレースから1、2着馬が出るという不思議な現象があるが今年は該当しない。
 血統的には過去5年の1~3着馬15頭のうち14頭は父か母父がサンデー系で残り1頭が父グレイソヴリン系。サンデー系をさらに絞り込むと時計の掛かった13年以外はダンスインザダーク、スペシャルウィークといった母父ノーザンダンサー系の血をもつ種牡馬が活躍している。
 よって、今年はサンデー系を持つ馬中心の予想。

 ◎ピークトラム、〇ケントオーは昨年の2、3着馬。今年も人気はあまりない。リピーターレースなのでここで好走してもおかしくない。
 ▲はアスカビレン。前々走で六甲S勝ちとこのコースには合いそう。
 あとは、距離短縮ワンアンドオンリー、ダートからの参戦スーサンジョイ、前走オープン勝ちブラックムーン。
 買い目は、馬連5流し、2、7、8、9、15。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年7月16日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜函館 11R 函館記念 芝2000m
      ◎ 13 パリカラノテガミ
      〇 10 ステイインシアトル
      ▲  7 マイネルミラノ
      △  1 サトノアレス
      △  6 アングライフェン
      △ 11 ツクバアズマオー
 荒れるハンデ重賞。
 トップハンデはたまに来る。外枠は不利で⑬番より外は連対がなく、②~⑧番枠の成績が良い。
 近年高齢馬が連対しているが、勝ち時計が2分以上掛かるレースで来ていて、2分切ると4、5歳勢が活躍している。今年も2分切りそうである。ちなみに勝ち時計が2分切る年は1~3ヶ月の間隔が開いている馬か休み明けから巴賞を一叩きしている馬が活躍しやすい。血統的にはステイゴールド産駒、グレイソヴリン系種牡馬の産駒が活躍している。

 今回のメンバーを見ると、マイネルミラノがいて平均ペースになりそう。

 本命はパリカラノテガミ。休み明け6歳馬。外枠が気になるが相性の良い前走新潟大賞典組。血統的にもグレイソヴリン系xロベルト系と函館には合いそう。
 ステイインシアトル、マイネルミラノ、アングライフェン、ツクバアズマオーはステイゴールド産駒で血統的に相性が良い。前走重賞勝ちのステイインシアトルを対抗に。
 あとは、休み明けを一叩きしたサトノアレス。
 買い目は、馬連13流し、1、6、7、10、11。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年7月9日の競馬予想 [2017重賞予想]

 日曜中京 11R プロキオンS G3 ダート1400m
      ◎ 12 キングズガード
      〇 13 イーデンホール
      ▲  2 ベストマッチョ
      △  5 トウケイタイガー
      △  8 カフジテイク
 中京で6回目の開催なのでデータは少ない。一応、前走ダート1200~1600m、オープンで上位人気で上位着順、4~7歳馬が幅広く活躍、といった傾向がある。

 本命はキングズガード。昨年の3着馬。昨年も本命にしたが今年は前走人気でオープン好走した馬が本馬とイーデンホールしかいないのでまた本命に。ボールドルーラー系はこのレースとは相性が良い。中京も相性が良い。
 対抗はイーデンホール。前走人気で好走したもう1頭の馬。時計をもう一つ詰める必要があるが過去の傾向から好走する可能性は十分ある。
 ▲はベストマッチョ。前走は準オープンで1番人気1着。それ以前はオープンでの好走歴もありここでも通用しそう。
 あとは、逃げたらしぶとそうなトウケイタイガー、実績上位ながら海外帰りが心配なカフジテイク。
 買い目は、馬連12流し、2、5、8、13。

 日曜福島 11R 七夕賞 G3 芝2000m
      ◎  3 フェルメッツァ
      〇 11 マイネルフロスト 
      ▲ 12 ソールインパクト
      △  1 パドルウィール
      △  8 ゼーヴィント
 他のローカルハンデ重賞と比べると1番人気もトップハンデも成績は悪くない。今年もサンデー系が多数出走しているが、ディープ産駒以外は9番人気以下は馬券に絡んでいない。外枠は不利。ただ、ここ4年は福島開催が後ろにずれ2週目に行われている影響で高速決着。そのせいか、ここ4年は父か母父がサンデーサイレンス系の馬が1~3着。

 今回のメンバーを見ると、マルターズアポジーがいて平均ペースになりそう。

 予想はサンデー系中心に。本命は内枠のフェルメッツァ。
 買い目は、馬連3番流し、1、8、11、12。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬