So-net無料ブログ作成
2017G1予想 ブログトップ
前の10件 | -

2017年12月28日の競馬予想 [2017G1予想]

 木曜中山 11R  ホープフルS G1 芝2000m
      ◎  5 トライン
      〇 13 ステイフーリッシュ
      ▲  3 ウォーターパルフェ
      △  9 サンリヴァル
      △ 11 フラットレー
 オープンから重賞、さらにG1にまでになったホープフルS。ディープインパクト産駒がオープン時代から4回連対。キングカメハメハ産駒、シンボリクリスエス産駒は共に3勝だが今年は参戦なし。あとは勝ちこそないがステイゴールド産駒、ロージズインメイ産駒が複勝率が良い。
 前走新馬戦組が6勝と相性が良い。基本前走1着馬の成績が良い。

 本命はディープインパクト産駒の前走新馬戦勝ちのトライン。
 対抗はステイゴールド産駒の前走新馬戦勝ちのステイフーリッシュ。
 以下、キングマンボ系ルーラーシップ産駒ウォーターパルフェ、サンリヴァル。このレース4勝と相性が良いルメール騎乗のフラットレー。
 買い目は、馬連5流し、3、9、11、13。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年12月24日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜中山 11R  有馬記念 G1 芝2500m
      ◎  4 ブレスジャーニー 
      〇  8 レインボーライン
      ▲  7 シャケトラ
      △  9 サクラアンプルール
      △ 12 サトノクラウン
      △  6 サトノクロニクル
      △ 14 スワーヴリチャード
 今年はこの後木曜日にホープフルSがあり最後のG1ではないが締め括り感が強いレース。このレースは3~4歳馬が強いレースだが、今年の3歳馬はG1勝ちのない馬が3頭のみ。5~6歳馬は6番人気以内で、穴なら3~4歳馬か7歳以上の高齢馬。
 血統的にはサンデー系が出走頭数も多く、毎年連対馬を出している。中でもステイゴールド産駒が4勝で得意としている。一方でディープインパクト産駒は2勝はしているが同産駒が5頭以上出走した年のもので基本的に苦手としている。あとハーツクライ産駒も2着1回のみ。

 本命はブレスジャーニー。3歳馬で前走チャレンジC3着。父バトルプランはミスプロ系でこのレースでは未知数。チャレンジCは今年距離が1800mから2000mに変更になった。条件や施工時期が変更された前走から出走した馬はなぜかG1で馬券になりやすい。休み明け3戦目で前走よりさらに調子が上がっていそう。
 対抗はレインボーライン。4歳馬で前走からJC6着。ステイゴールド産駒で血統的に向くはず。G1でも着順が安定してきて、ここでもチャンスはありそう。
 ▲はシャケトラ。こちらも4歳馬で日経賞勝ちがある。
 あとは、中山実績があるサクラアンプルール。宝塚記念馬サトノクラウン。3歳馬サトノクロニクル、スワーヴリチャードは3歳馬だがこのレースではイマイチのハーツクライ産駒で軽く抑える程度。
 1番人気の強いレースではあるが、天皇賞(秋)→JCと連戦して馬券になっている5歳馬はここでは苦戦必至というデータがあり、キタサンブラックは消し。
 買い目は、馬連4流し、6、7、8、9、12、14。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年12月17日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜阪神 11R  朝日杯フューチュリティーS G1 芝1600m
      ◎  3 タワーオブロンドン
      〇 10 ステルヴィオ
      ▲  1 ダノンプレミアム
      △  2 フロンティア
      △ 11 カシアス
 阪神で行われて4年目の朝日杯FS。過去データは少ないが、阪神でのここ3年は毎年1頭二桁人気馬が馬券になっている組み合わせ。1~3番人気の非サンデー系は信頼性が高い。6番人気以下で馬券になっている5頭中4頭はサンデー系でグレイソヴリン系は1頭。前走10頭以下の少頭数で結果を残した馬は割引が必要。前走上がり33秒台の馬が好走している。

 本命はタワーオブロンドン。前走京王杯2歳Sを上がり33秒台で勝利。現在2番人気で非サンデー系ということで本命に。
 対抗はステルヴィオ。前走サウジアラビアRC2着で上がり33秒台。この馬も非サンデー系。
 ▲はダノンプレミアム。先行できるディープインパクト産駒は信頼度が高いが、差し有利のこのレース、展開的には不利。
 あとは、サンデー系で6番人気以下になりそうなフロンティア、カシアス。
 買い目は、馬連3流し、1、2、10、11。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年12月10日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜阪神 11R  阪神ジュベナイルフィリーズ G1 芝1600m
      ◎ 11 ラッキーライラック
      〇 18 ロックディスタウン
      ▲  4 マウレア
      △  2 ラテュロス
      △ 12 ソシアルクラブ
      △ 16 モルトアレグロ
 2歳牝馬のG1。重賞馬や1勝馬が入り混じっている。脚質も定まっていないこの時期、荒れる要素は大いにある。
 血統的には、アグネスタキオン、ステイゴールド産駒の複勝率が良い。以下ディープインパクト、キングカメハメハ産駒の順で成績が良い。ここ2年はダイワメジャー産駒が馬券になっている。
 前走条件としては、中2週以上の間隔で芝1400m以上を4着以内。2ヶ月以上の休み明けはオープン勝ち以上の実績が必要。

 ラッキーライラック、ロックディスタウンは新種牡馬オルフェーヴル産駒でこのレースのデータにはないが、オルフェーヴルはこのレースと相性が良いステイゴールド産駒。ステイゴールド産駒で馬券になっているのは重賞連対歴がある馬で、この2頭に当てはまる。ステイゴールド代替と考えてローテーション的に良さそうなラッキーライラックを本命に。
 以下、ディープインパクト産駒マウレア、ラテュロス。キングカメハメハ産駒ソシアルクラブ。穴でどの状況でも上がりが速いモルトアレグロ。
 買い目は、馬連11流し、2、4、12、16、18。

 日曜中山 11R カペラS G3 ダート1200m
      ◎ 14 ブルミラコロ
      〇  4 ニットウスバル
      ▲  6 ショコラブラン
      △  8 ブルドッグボス
      △ 13 サイタスリーレッド
      △ 15 スノードラゴン
 7歳以上の高齢馬は不振。5歳馬中心の予想。先行馬が多いが平均ペースになりそうで位置取りがカギになりそう。
 買い目は、馬連14流し、4、6、8、13、15。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年12月3日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜中京 11R チャンピオンズC G1 ダート1800m
      ◎  4 ノンコノユメ
      〇 14 サウンドトゥルー
      ▲  3 ミツバ
      △  8 グレンツェント
      △ 10 キングズガード
      △ 13 テイエムジンソク
 JCDがチャンピオンズCと名称変更し、場所も阪神から中京に変更になった。今年で4年目でデータは少ない。ここ3年は内枠有利。血統的には母父サンデー系が好成績で、ゴールドアリュール産駒は7回出走して6回2桁着順で不振。

 ノンコノユメ、サウンドトゥルーは母父サンデー系で、過去にもこのレースで連対歴がある。内枠のノンコノユメを本命に。
 あとは、左回り巧者ミツバ、グレンツェント。中京コース巧者キングズガード。上がり馬テイエムジンソク。
 買い目は、馬連4流し、3、8、10、13、14。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年11月26日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜東京 11R ジャパンC G1 芝2400m
      ◎ 12 サトノクラウン
      〇 13 シャケトラ
      ▲  9 レインボーライン
      △  8 ソウルスターリング
      △ 11 マカヒキ
      △ 14 アイダホ
 今年のJCは前走天皇賞(秋)組が不良馬場で評価が難しい。天皇賞(秋)以外のローテーションは基本的に前走1着馬。
 血統的にはディープインパクト産駒が3勝。昨年は馬券にならなかった。ディープインパクト産駒が出走した近5年は他産駒は外人ジョッキー+G1馬のコンビかG1を2勝以上している馬が好走している。

 本命はサトノクラウン。G1を海外を含め2勝している。前々走の宝塚記念は持続力レースを差し切り勝ち。先行馬の多いここもペース的に合いそう。
 〇シャケトラ、▲レインボーラインはその宝塚記念を評価。
 あとは、休み明け3走目にしてペースが向きそうなソウルスターリング、マカヒキ。外国馬で面白そうなのはアイダホ。
 買い目は、馬連12流し、8、9、11、13,14。

 日曜京都 12R 京阪杯 G3 芝1200m
      ◎ 15 アットザシーサイド
      〇 16 ジューヌエコール
      ▲ 10 セイウンコウセイ
      △  6 ビップライブリー
      △  8 ナリタスターワン
      △  9 メラグラーナ
 適度に荒れる重賞。前走京都出走組が活躍している。血統的にはディピュティミニスター系、キングマンボ系が好走している。

 今回のメンバーを見るとフィドゥーシアが逃げそうで平均ペースになりそう。

 馬券はキングマンボ系のアットザシーサイドから。
 買い目は、馬連15流し、6、8、9、10、16。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年11月19日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R マイルチャンピオンシップ G1 芝1600m
      ◎ 12 イスラボニータ
      〇 13 グランシルク
      ▲ 16 ウインガニオン
      △  4 サングレーザー
      △  5 サトノアラジン
      △ 14 ガリバルディ
 過去10回1~4枠が有利。スタートして3~4ハロン辺りに上り坂が有るが、ここのラップが12秒を切るとサンデー系が連対する傾向がある。前走10着以下の馬は馬券に絡んでいなく、年齢を見ると3歳、6歳以上は苦戦。同年未勝利の馬は馬券圏内4回のみで不振。前走マイル以外組はG1好走歴が有るのが望ましい。ここ3年馬券なっているディープインパクト産駒は年齢が上のほうが連対率が高いが馬券になるのは前走1、2番人気。
 
 今年のメンバーを見るとマルターズアポジーがいるので平均ペースになりそう。今年も上り坂が11秒台になりそうだ。

 馬券はサンデー系中心の予想でイスラボニータから。ディープインパクト産駒の3頭は条件と合致しないがペース的には怖い。
 買い目は、馬連12流し、4、5、13、14、16。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年11月12日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R エリザベス女王杯 G1 芝2200m
      ◎  5 モズカッチャン
      〇 11 ディアドラ
      ▲ 18 エテルナミノル
      △  4 クロコスミア
      △ 13 ジュールポレール
      △ 16 ヴィブロス
 3歳馬有利な反面リピーターもよく来る。3歳馬は重賞勝ちが必要。
 血統的にはサンデー系産駒は不振で、アグネスタキオン産駒が2勝、スズカマンボ産駒が1勝、スペシャルウィーク産駒が3着1回、ハーツクライ産駒が2着2回、ディープインパクト産駒が2勝2着2回3着3回で、ディープインパクト産駒以外はすべて3歳馬かリピーター馬、アグネスタキオン産駒以外はオークス馬。昨年新たにマンハッタンカフェ産駒が1、2着したが出走馬15頭中13頭がサンデー系で偏った血統構成であまり参考にならない。サンデー系はディープインパクト産駒以外軽視してよさそう。年齢的にも3~4歳馬中心で5歳馬以上の複勝率を下げているのはサンデー系産駒。あとは、ロベルト系が3勝で近年相性が良くなっている。
 
 今年のメンバー構成を見るとクロコスミアが逃げスローペースが予想される。

 モズカッチャン、ディアドラはハービンジャー産駒。3歳馬でオークス、秋華賞とも上位。ディアドラは秋華賞勝ち馬だが、落鉄で3着に粘ったモズカッチャンの方を本命に。
 ▲はエテルナミノル。エンパイアメーカー産駒で非サンデー系。展開的にスローは向くはず。
 あとは、前走をみても逃げたらしぶといクロコスミアは展開的に怖い。ディープインパクト産駒からジュールポレール、ヴィブロス。
 買い目は、馬連5流し、4、11、13、16、18。

 日曜福島 11R 福島記念 G3 芝2000m
      ◎ 13 スズカデヴィアス
      〇 14 マサハヤドリーム
      ▲ 16 サンマルティン
      △  7 フェルメッツァ
      △  9 ジョルジュサンク
 トップハンデ、1番人気不振と荒れる重賞にありがちな傾向のあるレース。
 傾向としては、道中緩まなければサンデー系が上位に来る。

 今年はマイネルミラノが逃げスローペースが予想される。

 馬券は非サンデー系中心の予想でスズカデヴィアスから。
 買い目は、馬連13流し、7、9、14、16。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年10月22日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R 菊花賞 G1 芝3000m
      ◎ 11 サトノクロニクル
      〇 16 アルアイン
      ▲  8 サトノアーサー
      △ 15 ダンビュライト
 3歳牡馬クラシックのラスト菊花賞。今年はダービー馬が出走せず、馬場悪化もあり予想が難解になっている。
 トライアルレースである神戸新聞杯が芝2400mになってから、前走がトライアルレースの神戸新聞杯、セントライト記念の馬が馬券圏内の多数を占めている。
 血統的にはサンデー系が多いが、非サンデー系はトライアル3着内の実績が必要(例外は昨年3着のエアスピネルでG1実績があった)で、条件戦からの参戦で馬券になっている馬も2013年のマル外のバンデ、2014年のロベルト系のゴールドアクター以外はサンデー系しかいない。トライアルレースでの成績は良い事に越したことは無いが、成績が悪くてもサンデー系しか巻き返しできないことには注意したい。
 今年のトライアルはセントライト記念は加速ラップのなかミッキースワローが差し切り、神戸新聞杯は持続力レースでダービー馬レイデオロが勝利。共に今回の不良馬場の菊花賞とは関連はなさそう。今回は上がり3ハロンが速くなったレースを先行して好走した馬を狙っていく。

 メンバーを見るとウインガナドルが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はサトノクロニクル。長距離得意なハーツクライ産駒。京都新聞杯を先行して2着。この馬場で良さがいきそう。
 アルアイン、サトノアーサーは持続力タイプのディープインパクト産駒。ここは向きそう。
 あとは、春のG1でも大崩れしなかったダンビュライト。
 買い目は、馬連11流し、8、15、16。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年10月15日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R 秋華賞 G1 芝2000m
      ◎  1 アエロリット
      〇  2 ラビットラン
      ▲  8 カワキタエンカ
      △  4 モズカッチャン
      △ 14 ディアドラ
 昨年は前走紫苑S2、5着馬のワンツーといよいよ掴みどころのなくなった秋華賞。今年は雨予報でさらに難解に。
 今年のトライアルは共に平凡なレース。ローズSの方が勝ち時計的に若干見るところがある。
 血統的にはディープインパクト産駒がここ4年で4勝2着2回と得意としてそうな数字だが、連対馬は前走1~3番人気かつ1、2着。そして本番でも3番人気以内と、本命級の馬ばかりである。今回は該当馬なし。

 メンバーを見るとカワキタエンカが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はアエロリット。前走クイーンS勝ち。両トライアルがイマイチとなると別路線のこの馬を本命に。
 対抗はラビットラン。前走ローズS1着。ローズS上がり3位以内で馬券になった馬は例年好成績なのだが、今年は馬場悪化の可能性が高く不発の場合もある。
 ▲はカワキタエンカ。前走ローズS2着。ディープインパクト産駒で好走条件に当てはまらないが、展開的に残る可能性はある。
 あとは、血統的に消耗戦で浮上しそうなハービンジャー産駒モズカッチャン、ディアドラ。
 買い目は、馬連1流し、2、4、8、14。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | - 2017G1予想 ブログトップ