So-net無料ブログ作成
2017G1予想 ブログトップ
前の10件 | -

2017年12月10日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜阪神 11R  阪神ジュベナイルフィリーズ G1 芝1600m
      ◎ 11 ラッキーライラック
      〇 18 ロックディスタウン
      ▲  4 マウレア
      △  2 ラテュロス
      △ 12 ソシアルクラブ
      △ 16 モルトアレグロ
 2歳牝馬のG1。重賞馬や1勝馬が入り混じっている。脚質も定まっていないこの時期、荒れる要素は大いにある。
 血統的には、アグネスタキオン、ステイゴールド産駒の複勝率が良い。以下ディープインパクト、キングカメハメハ産駒の順で成績が良い。ここ2年はダイワメジャー産駒が馬券になっている。
 前走条件としては、中2週以上の間隔で芝1400m以上を4着以内。2ヶ月以上の休み明けはオープン勝ち以上の実績が必要。

 ラッキーライラック、ロックディスタウンは新種牡馬オルフェーヴル産駒でこのレースのデータにはないが、オルフェーヴルはこのレースと相性が良いステイゴールド産駒。ステイゴールド産駒で馬券になっているのは重賞連対歴がある馬で、この2頭に当てはまる。ステイゴールド代替と考えてローテーション的に良さそうなラッキーライラックを本命に。
 以下、ディープインパクト産駒マウレア、ラテュロス。キングカメハメハ産駒ソシアルクラブ。穴でどの状況でも上がりが速いモルトアレグロ。
 買い目は、馬連11流し、2、4、12、16、18。

 日曜中山 11R カペラS G3 ダート1200m
      ◎ 14 ブルミラコロ
      〇  4 ニットウスバル
      ▲  6 ショコラブラン
      △  8 ブルドッグボス
      △ 13 サイタスリーレッド
      △ 15 スノードラゴン
 7歳以上の高齢馬は不振。5歳馬中心の予想。先行馬が多いが平均ペースになりそうで位置取りがカギになりそう。
 買い目は、馬連14流し、4、6、8、13、15。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年12月3日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜中京 11R チャンピオンズC G1 ダート1800m
      ◎  4 ノンコノユメ
      〇 14 サウンドトゥルー
      ▲  3 ミツバ
      △  8 グレンツェント
      △ 10 キングズガード
      △ 13 テイエムジンソク
 JCDがチャンピオンズCと名称変更し、場所も阪神から中京に変更になった。今年で4年目でデータは少ない。ここ3年は内枠有利。血統的には母父サンデー系が好成績で、ゴールドアリュール産駒は7回出走して6回2桁着順で不振。

 ノンコノユメ、サウンドトゥルーは母父サンデー系で、過去にもこのレースで連対歴がある。内枠のノンコノユメを本命に。
 あとは、左回り巧者ミツバ、グレンツェント。中京コース巧者キングズガード。上がり馬テイエムジンソク。
 買い目は、馬連4流し、3、8、10、13、14。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年11月26日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜東京 11R ジャパンC G1 芝2400m
      ◎ 12 サトノクラウン
      〇 13 シャケトラ
      ▲  9 レインボーライン
      △  8 ソウルスターリング
      △ 11 マカヒキ
      △ 14 アイダホ
 今年のJCは前走天皇賞(秋)組が不良馬場で評価が難しい。天皇賞(秋)以外のローテーションは基本的に前走1着馬。
 血統的にはディープインパクト産駒が3勝。昨年は馬券にならなかった。ディープインパクト産駒が出走した近5年は他産駒は外人ジョッキー+G1馬のコンビかG1を2勝以上している馬が好走している。

 本命はサトノクラウン。G1を海外を含め2勝している。前々走の宝塚記念は持続力レースを差し切り勝ち。先行馬の多いここもペース的に合いそう。
 〇シャケトラ、▲レインボーラインはその宝塚記念を評価。
 あとは、休み明け3走目にしてペースが向きそうなソウルスターリング、マカヒキ。外国馬で面白そうなのはアイダホ。
 買い目は、馬連12流し、8、9、11、13,14。

 日曜京都 12R 京阪杯 G3 芝1200m
      ◎ 15 アットザシーサイド
      〇 16 ジューヌエコール
      ▲ 10 セイウンコウセイ
      △  6 ビップライブリー
      △  8 ナリタスターワン
      △  9 メラグラーナ
 適度に荒れる重賞。前走京都出走組が活躍している。血統的にはディピュティミニスター系、キングマンボ系が好走している。

 今回のメンバーを見るとフィドゥーシアが逃げそうで平均ペースになりそう。

 馬券はキングマンボ系のアットザシーサイドから。
 買い目は、馬連15流し、6、8、9、10、16。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年11月19日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R マイルチャンピオンシップ G1 芝1600m
      ◎ 12 イスラボニータ
      〇 13 グランシルク
      ▲ 16 ウインガニオン
      △  4 サングレーザー
      △  5 サトノアラジン
      △ 14 ガリバルディ
 過去10回1~4枠が有利。スタートして3~4ハロン辺りに上り坂が有るが、ここのラップが12秒を切るとサンデー系が連対する傾向がある。前走10着以下の馬は馬券に絡んでいなく、年齢を見ると3歳、6歳以上は苦戦。同年未勝利の馬は馬券圏内4回のみで不振。前走マイル以外組はG1好走歴が有るのが望ましい。ここ3年馬券なっているディープインパクト産駒は年齢が上のほうが連対率が高いが馬券になるのは前走1、2番人気。
 
 今年のメンバーを見るとマルターズアポジーがいるので平均ペースになりそう。今年も上り坂が11秒台になりそうだ。

 馬券はサンデー系中心の予想でイスラボニータから。ディープインパクト産駒の3頭は条件と合致しないがペース的には怖い。
 買い目は、馬連12流し、4、5、13、14、16。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年11月12日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R エリザベス女王杯 G1 芝2200m
      ◎  5 モズカッチャン
      〇 11 ディアドラ
      ▲ 18 エテルナミノル
      △  4 クロコスミア
      △ 13 ジュールポレール
      △ 16 ヴィブロス
 3歳馬有利な反面リピーターもよく来る。3歳馬は重賞勝ちが必要。
 血統的にはサンデー系産駒は不振で、アグネスタキオン産駒が2勝、スズカマンボ産駒が1勝、スペシャルウィーク産駒が3着1回、ハーツクライ産駒が2着2回、ディープインパクト産駒が2勝2着2回3着3回で、ディープインパクト産駒以外はすべて3歳馬かリピーター馬、アグネスタキオン産駒以外はオークス馬。昨年新たにマンハッタンカフェ産駒が1、2着したが出走馬15頭中13頭がサンデー系で偏った血統構成であまり参考にならない。サンデー系はディープインパクト産駒以外軽視してよさそう。年齢的にも3~4歳馬中心で5歳馬以上の複勝率を下げているのはサンデー系産駒。あとは、ロベルト系が3勝で近年相性が良くなっている。
 
 今年のメンバー構成を見るとクロコスミアが逃げスローペースが予想される。

 モズカッチャン、ディアドラはハービンジャー産駒。3歳馬でオークス、秋華賞とも上位。ディアドラは秋華賞勝ち馬だが、落鉄で3着に粘ったモズカッチャンの方を本命に。
 ▲はエテルナミノル。エンパイアメーカー産駒で非サンデー系。展開的にスローは向くはず。
 あとは、前走をみても逃げたらしぶといクロコスミアは展開的に怖い。ディープインパクト産駒からジュールポレール、ヴィブロス。
 買い目は、馬連5流し、4、11、13、16、18。

 日曜福島 11R 福島記念 G3 芝2000m
      ◎ 13 スズカデヴィアス
      〇 14 マサハヤドリーム
      ▲ 16 サンマルティン
      △  7 フェルメッツァ
      △  9 ジョルジュサンク
 トップハンデ、1番人気不振と荒れる重賞にありがちな傾向のあるレース。
 傾向としては、道中緩まなければサンデー系が上位に来る。

 今年はマイネルミラノが逃げスローペースが予想される。

 馬券は非サンデー系中心の予想でスズカデヴィアスから。
 買い目は、馬連13流し、7、9、14、16。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年10月22日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R 菊花賞 G1 芝3000m
      ◎ 11 サトノクロニクル
      〇 16 アルアイン
      ▲  8 サトノアーサー
      △ 15 ダンビュライト
 3歳牡馬クラシックのラスト菊花賞。今年はダービー馬が出走せず、馬場悪化もあり予想が難解になっている。
 トライアルレースである神戸新聞杯が芝2400mになってから、前走がトライアルレースの神戸新聞杯、セントライト記念の馬が馬券圏内の多数を占めている。
 血統的にはサンデー系が多いが、非サンデー系はトライアル3着内の実績が必要(例外は昨年3着のエアスピネルでG1実績があった)で、条件戦からの参戦で馬券になっている馬も2013年のマル外のバンデ、2014年のロベルト系のゴールドアクター以外はサンデー系しかいない。トライアルレースでの成績は良い事に越したことは無いが、成績が悪くてもサンデー系しか巻き返しできないことには注意したい。
 今年のトライアルはセントライト記念は加速ラップのなかミッキースワローが差し切り、神戸新聞杯は持続力レースでダービー馬レイデオロが勝利。共に今回の不良馬場の菊花賞とは関連はなさそう。今回は上がり3ハロンが速くなったレースを先行して好走した馬を狙っていく。

 メンバーを見るとウインガナドルが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はサトノクロニクル。長距離得意なハーツクライ産駒。京都新聞杯を先行して2着。この馬場で良さがいきそう。
 アルアイン、サトノアーサーは持続力タイプのディープインパクト産駒。ここは向きそう。
 あとは、春のG1でも大崩れしなかったダンビュライト。
 買い目は、馬連11流し、8、15、16。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年10月15日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜京都 11R 秋華賞 G1 芝2000m
      ◎  1 アエロリット
      〇  2 ラビットラン
      ▲  8 カワキタエンカ
      △  4 モズカッチャン
      △ 14 ディアドラ
 昨年は前走紫苑S2、5着馬のワンツーといよいよ掴みどころのなくなった秋華賞。今年は雨予報でさらに難解に。
 今年のトライアルは共に平凡なレース。ローズSの方が勝ち時計的に若干見るところがある。
 血統的にはディープインパクト産駒がここ4年で4勝2着2回と得意としてそうな数字だが、連対馬は前走1~3番人気かつ1、2着。そして本番でも3番人気以内と、本命級の馬ばかりである。今回は該当馬なし。

 メンバーを見るとカワキタエンカが逃げて平均ペースになりそう。

 本命はアエロリット。前走クイーンS勝ち。両トライアルがイマイチとなると別路線のこの馬を本命に。
 対抗はラビットラン。前走ローズS1着。ローズS上がり3位以内で馬券になった馬は例年好成績なのだが、今年は馬場悪化の可能性が高く不発の場合もある。
 ▲はカワキタエンカ。前走ローズS2着。ディープインパクト産駒で好走条件に当てはまらないが、展開的に残る可能性はある。
 あとは、血統的に消耗戦で浮上しそうなハービンジャー産駒モズカッチャン、ディアドラ。
 買い目は、馬連1流し、2、4、8、14。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

2017年6月25日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜阪神 11R 宝塚記念 G1 芝2200m
      ◎  6 シャケトラ
      〇 10 キタサンブラック
      ▲  8 ミッキークイーン
      △  5 シュヴァルグラン
      △ 11 サトノクラウン
 土曜の阪神は時計は速かった。日曜の天気は微妙だがさほど悪くならないという前提で予想する。
 このレースの傾向としては、重賞2勝以上かダービー2着の実績が必要。前走天皇賞(春)組は6歳以上馬はダメージが残ってしまうのか、ここでは厳しい結果になっている。なので、4、5歳馬が良く活躍する。あとは、阪神巧者の巻き返しに注意。
 血統的には過去10年でステイゴールド産駒が5勝と驚異的な数字。複勝率ではディープインパクト産駒がいいが、馬券になった6頭中5頭が牝馬で牝馬の複勝率は5割を超える。

 今回のメンバーを見ると、キタサンブラックが逃げ平均ペースが予想される。

 本命はシャケトラ。前走天皇賞(春)9着。重賞1勝しかしていないがキャリア7戦なのでそこは目をつぶって、適距離に戻っての巻き返しはあるはず。キタサンブラックが一本被りの人気なので、若い本馬に期待する。
 対抗はキタサンブラック。前走天皇賞(春)1着。本来ならこの馬を本命にするべきなのだろうが、配当的妙味がないのと、前走レコードの反動もありそうで対抗。
 ▲はミッキークイーン。前走ヴィクトリアマイル7着。ディープインパクト産駒で相性の良い牝馬。マイルよりはレースがしやすそう。
 △は馬場が渋れば浮上しそうなシュヴァルグラン、サトノクラウン。
 買い目は、馬連6番流し、5、8、10、11。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年6月4日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜東京 11R 安田記念 G1 芝1600m
      ◎ 14 サトノアラジン
      〇  6 レッドファルクス
      ▲ 12 ビューティーオンリー
      △ 11 ブラックスピネル
      △ 15 イスラボニータ
      △ 17 ヤングマンパワー
 昨年は12頭立てとさびしい頭数だったが今年はフルゲートで混戦模様。
 昨年は少頭数のせいか前半35.0秒のスローだったが、ここ10年の基本は平均ペースかハイペース。例年ならば11秒台前半~中盤が続くラップ構成のレースで速いラップの持続力が求められる。なので、中距離からの距離短縮はスピード負けしやすい。
 前走の傾向は、京王杯SC組が出走数が多いが、安田記念では上がり2位内の馬しか馬券になっていない。マイラーズC組は京都に変更されてから3着まで。ダービー卿H組は11秒前~中盤が連続したここ2年は馬券になったが今年はそこまで速いラップのレースではなかったので厳しそう。大阪杯組は6頭と出走数は少ないが3回馬券になっている。ヴィクトリアマイル組はウオッカが2勝、ジョリーダンスが3着だがウオッカが強いのでローテーション的には余り良くない。

 本命はサトノアラジン。前走京王杯SC9着。前走重馬場で着順は悪かったが上がり2位。昨年も本命にしたが詰まりながらも4着。スムーズなら突き抜ける可能性もある。よって今回の7枠14番はプラスになりそう。ディープインパクト産駒はこのレース7枠より外しか馬券になっていない。距離延長はプラス。
 対抗はレッドファルクス。前走京王杯勝ち。血統的に不安が残るが高速決着は向きそう。
 ▲はビューティーオンリー。芝マイル1分33秒台では常にコンテントメントより先着していて、香港馬で向きそうなのはこっちの方だろう。
 あとは、このレース好走馬多いロベルト系のブラックスピネル、東京で堅実なイスラボニータ、このコースでイスラボニータに先着したことのあるヤングマンパワーも展開によっては怖い存在。
 買い目は、馬連14流し、6、11、12、14、17。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2017年5月28日の競馬予想 [2017G1予想]

 日曜東京 10R 日本ダービー G1 芝2400m
      ◎  7 アルアイン
      〇 11 ペルシアンナイト
      ▲  1 ダンビュライト
      △  4 スワーヴリチャード
      △  6 サトノアーサー
      △ 18 アドミラブル
 ここ10年の日本ダービーは、勝ち馬は前走G1出走馬、皐月賞組は上位人気馬か1~3着馬。その他のローテは1着馬で、注意が必要なのはNHKマイル組くらいか。
 血統的にはサンデー系が中心。中でも父サンデー系x母父ダンチヒ系の組合せの血統は過去10年7頭出走して2勝2着2回。今年該当するのはサトノアーサー1頭。
 今回4頭出走するディープインパクト産駒だが前走皐月賞組より京都新聞杯組のほうが成績が良い。しかし今年は京都新聞杯組の出走がない。

 今年の皐月賞は、1分57秒8の勝ち時計でアルアインが優勝。皐月賞が1分58秒台で決着した年の皐月賞馬はダービーでは馬券になっていなかったが、ここ2年は皐月賞馬が馬券になっている。中山の馬場はエアレーションの影響か勝ち時計と上がりが特にここ3年高速化している。
 他のローテーションでいえば、NHKマイルC、青葉賞、プリンシパルS、共に持続力レース。
 
 今年のメンバーを見ると、トラストが逃げそうでスローペースと予想する。

 本命はアルアイン。前走皐月賞勝ち。ここ5年で3勝のディープインパクト産駒。皐月賞上位馬はある程度信頼できる。皐月賞で本命にしてヒモが抜けたが懲りずに本命に。
 ペルシアンナイト、ダンビュライトは皐月賞2、3着馬。今年の皐月賞上位馬はあまり人気がないが、この2頭も侮れない。
 あとは、東京重賞勝ちがありコース替わりはプラスのスワーヴリチャード、ディープインパクトxダンチヒ系の配合のサトノアーサー、青葉賞を好時計勝ちのアドミラブル。
 買い目は、馬連7流し、1、4、6、11、18。

 日曜東京 12R 目黒記念 G2 芝2500m
      ◎  1 モンドインテロ
      〇  2 ヴォルシェーブ
      ▲  7 ウムブルフ
      △  3 サラトガスピリット
      △  4 カフジプリンス
      △ 13 ヒットザターゲット
 7歳以上の高齢馬は基本的に不振。中長距離で安定感があるモンドインテロを本命に。
 買い目は、馬連1流し、2、3、4、7、8。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | - 2017G1予想 ブログトップ